ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ
現在地

本文

掲載日
2017年3月30日更新

在宅診療について

当院では創設以来在宅医療に取り組んでおりました。今まではお伺いする件数も多くはなかったのですが、平成20年4月より当町で長年在宅医療に取り組んでおられる谷井 広樹先生に非常勤医師としてご協力頂き、昼夜を問わず日高町の在宅医療を積極的にサポートする体制をとる事ができるようになりました。病院・老人保健施設・老人ホームなど施設が揃っている町ではありますが、定員に限りがあることは現実問題としてあるため今後在宅生活を余儀なくされる方も含めて在宅医療を充実することが必要と考えております。

現在約100名ほどの患者さんに訪問診療を行わせて頂いております。

対象となる患者さんは以下のような方ですが不明な点などありましたら遠慮なくご相談ください。

対象となる方

・当院規定の往診圏内にお住まいの方

・さまざまな病気で寝たきりになったり通院が困難になった方

○高血圧・糖尿病・腰痛・脳梗塞などの慢性疾患の方 

○褥瘡などの処置が必要な方

○難病にて人工呼吸器や気管カニューレ・胃瘻チューブ・膀胱留置カテーテルの交換が必要な方

○在宅終末期医療をご希望の方

診療内容

 病状の安定度により週1回~月1回程度の頻度でお伺いします。

 基本的に月~金曜日の午後にお伺いします。急病などで一時的に病状が不安定になった場合は追加の往診をさせて頂くことも可能です。お宅にお伺いしてここ最近の体調の変化をお尋ねして、診察(血圧・体温・脈拍・聴打蝕診など)をします。必要に応じて薬の処方・血液検査・注射・褥瘡の処置などをさせて頂きます。終末期などで継続した点滴や吸痰の処置が必要な場合は看護師の訪問による訪問看護必要に応じて実施いたします。夜間や休日の病状の悪化の際は病状に応じて往診や当院への入院も可能です。

 

ご利用希望の方は

 当院にお電話ください。ソーシャルワーカー・担当医・外来看護師が対応させて頂きます。

 他院より退院したばかりの方や当院受診したことのない方もご相談ください。

このページに関するお問い合わせ