ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ
現在地

掲載日
2016年4月5日更新

 日高町では、平成25年度から平成27年度末まで、住宅の耐震改修や省エネ・バリアフリーなどのリフォーム工事に対する補助事業を行っていました。
 この度、補助対象工事の拡充などを行い、平成30年度末まで期限を延長しました。

 1.昨年度までの制度との変更・拡充点

    ・ 補助対象工事に住宅修繕工事を追加しました。
    ・ 各補助対象工事それぞれの補助対象経費が50万円以上であるものに変更しました。
    ・ 交付申請書の様式を変更しました。
 

  2.補助の対象工事及び補助金額

(1)住宅耐震改修工事

  • 補助対象の要件・工事内容など
      ・昭和56年5月31日以前に着工された住宅
      ・併用住宅の場合は、住宅部分の床面積が、延床面積の2分の1以上の住宅
      ・耐震診断の結果、倒壊の危険性があるとされた住宅

  • 補助金額
      ・50万円以上の補助対象経費の10分の3以内とし、70万円を限度とします。

(2)住宅省エネ改修工事

  • 補助対象の要件・工事内容など
      ・窓、床、屋根または天井、壁の断熱改修で現行の省エネ基準(平成11年基準)以上の省エネ性能となるもの

  • 補助金額
      ・50万円以上の補助対象経費の10分の3以内とし、50万円を限度とします。

(3)住宅バリアフリー改修工事

  • 補助対象の要件・工事内容など
      ・室内通路の拡張、階段勾配の緩和、浴室改良、便所改良、手すりの取り付け、段差の解消、出入り口の戸の改良

  • 補助金額
      ・50万円以上の補助対象経費の10分の3以内とし、50万円を限度とします。

 (4)住宅修繕工事

  • 補助対象の要件・工事内容など
      ・基礎、土台、柱、梁、筋交い、内壁、天井、床等の修繕工事または補強工事
      ・外壁、屋根等の改修工事及び塗装工事
      ・防火設備、換気設備、避難設備等の設備工事
      ・間取りの変更及び開口部の新設等の改修工事
      ・台所、浴室または便所を改修する工事
      ・建具の取替等の工事
      ・断熱、気密または遮音工事
      ・各種設備配管の新設及び劣化改修工事
      ・その他住宅の機能や性能を維持・向上するための工事
        ※ただし、容易に交換が可能となる備品類の設置等に係る工事は除きます。

  • 補助金額
      ・50万円以上の補助対象経費の10分の3以内とし、20万円を限度とします。

  その他

  • 他の制度による助成額は、補助対象経費から除きます。
  • 補助金申請前に工事着手している住宅や新築工事(建て替えを含む)は、補助の対象としません。
  • 補助金の交付は、同一人及び同一住宅につき、各補助対象工事それぞれ1回限りです。
  • (2)~(4)の補助金の合計金額は、50万円を限度とします。

3.補助金の交付対象となる方

  • 日高町の住民基本台帳に記録されている方
  • 住宅の所有者であり、かつ、その住宅に居住している方または居住する方
  • 住宅の所有者及び同一世帯の全員に町税等の滞納がないこと。

4.補助金の対象となるリフォーム工事

  • 日高町内に事業所、営業所を持つ法人及び町内で営業する個人事業者で建設業の許可を受けた建設業者または軽微な建設工事のみ請け負うことを営業するものが行った住宅リフォーム工事が補助対象

5.申請受付期間

  • 平成28年度の受付期間は、平成28年4月1日から随時行います。
    詳しくは担当課までお問い合わせください。

6.申請のときに必要な書類

 住民票、建物登記事項証明書(登記簿謄本)、納税証明書、見積書、着工前の写真、住宅の平面図などが必要です。                    

※詳しくは住宅リフォーム補助金交付制度パンフレット [PDFファイル/1009KB]をご覧下さい。

問い合わせ先

日高町役場 管財建築課 建築・公営住宅グループ  Tel 01456-2-6187
日高総合支所 地域経済課 建設・管財グループ Tel 01457-6-2084

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページに関するお問い合わせ