ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ
現在地

掲載日
2015年12月25日更新

日高町地場材活用促進事業~補助制度について~

合法木材証明制度の概要(北海道)

分別管理と合法証明の連鎖

  北海道では、北海道内の森林から産出され、道内で加工された木材(「地域材」)の利用を促進するため、平成23年3月に「北海道地域材利用推進方針」を策定しました。
  この方針において、地域材の供給及び利用などに関する基本的な考え方を定め、木材産業関係者や地方自治体は、合法性等の証明された地域材の供給や産地が証明された地域材の利用に努めることとしています。
  こうしたことを踏まえ、道内の合法木材供給事業者4団体(北海道木材産業協同組合連合会、北海道森林組合連合会、札幌地方素材生産事業協同組合、帯広地方素材生産事業協同組合)は、事業者や消費者の視点に立って、現行の木材の合法証明と産地証明の2つの制度を一本化し、平成25年度から新たな合法木材証明の仕組みが制定されました。

合法木材証明制度の説明図

日高町地場材活用促進事業(普及補助金)

日高町地場材活用促進事業パンフレット

合法木材供給事業者研修テキスト

条例・規則

様式

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページに関するお問い合わせ