ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ

本文

掲載日
2018年1月31日更新

放課後子どもサポートプログラム「まっく(厚賀・門別・富川)」お楽しみ会

 12月1日に厚賀、8日に門別、13日から15日の3日間を富川で、放課後子どもサポートプログラム「お楽しみ会」を開催し、計123名が参加しました。
 当日は、クリスマス工作として、紙と紙コップ、ライトでライトアップツリーを作りました。絵を描いたり、紙を切ったりと苦労しましたが、暗闇の中で明るく光るライトに子どもたちは「とてもきれい」と感動していました。
 工作の後は、恒例のビンゴゲームを行い、数字が出るたび「リーチ」や「ビンゴ」と大きな声が上がり、3地区とも賑やかな会場となっていました。

【まなびぃ】バドミントン教室1【まなびぃ】まっく2【まなびぃ】まっく3

巡回スポーツ教室 里平小学校「バドミントン教室」

 12月5日から7日の3日間、巡回スポーツ教室として里平小学校でバトミントン教室を開催しました。
 6人という少ない人数の中でも体育館いっぱいに響き渡る大きな声で教室を行い、厳しく辛い練習メニューにも最後まで全力で取り組む姿が見られました。その甲斐もあり、3日間でみるみる上達し、講師の先生と白熱した試合を繰り広げていました。
 今年度で里平小学校は閉校となってしまいますが、今後も変わらず何事にも全力で取り組んでほしいと思います。

【まなびぃ】バドミントン教室2【まなびぃ】バドミントン教室3【まなびぃ】バドミントン教室4

日高地区第2回芸術鑑賞事業 民族歌舞団こぶし座日高公演

 12月7日、日高町文化協会日高支部主催の日高地区第2回芸術鑑賞事業「民族歌舞団こぶし座日高公演」が、日高高校芸術鑑賞事業を兼ねて日高町民センターで開催されました。
 民族歌舞団こぶし座の日高公演は7年ぶりの開催で、当日は雪にもかかわらず、約100名が来場し、笛と太鼓の音にあわせて手拍子をしたり、観客席に下りて回る獅子舞に興奮したりと、大変盛りあがりました。

【TownTopics】日高地区第2回芸術文化鑑賞事業

 

第15回世界ジュニア記念北海道小・中学生スピードスケート競技大会 日下賢将くん(門小5年)が3位入賞

 12月9日、10日、第15回世界ジュニア記念北海道小・中学生スピードスケート競技大会が釧路市で開催され、門別小学校5年の日下賢将くんが500m、1000mに出場し、強豪選手がひしめく中、両種目とも予選を突破し、500mでは第5位に、1000mでは見事第3位に輝きました。日下くんは、「納得いく滑りで好タイムを出すことができた。」と話していました。冬本番を迎え今後の大会でも期待が寄せられています。

日下くんの決勝タイム
500m(47秒19)
1000m(1分33秒89)

【TownTopics】日下賢将くん

子育て支援センターわくわく館 開館10周年記念「クリスマスのつどい」

 12月11日、平成29年度で開館10周年を迎えた子育て支援センターわくわく館で、クリスマスのつどいが開催され、児童とその父母、約100名が参加しました。
 クリスマスにちなんだ音楽にのせて親子でフォークダンスを踊るコーナーでは、サプライズでサンタさんととねっこくんが登場し、参加した幼児一人ひとりにプレゼントが手渡され、たくさんの笑顔が溢れたクリスマスのつどいとなりました。

【TownTopics】感謝状贈呈(道垣内様)

日高町体育協会主催事業 ヨガ・ストレッチ講習会開催

 12月13日、日高町体育協会(茂野俊二会長)主催の「ヨガ・ストレッチ講習会」が門別総合町民センターで開催され、会員ら60名がケガ予防効果に優れたヨガを取り入れたストレッチを学びました。
 講習会は、ダックスポーツ外部指導マネージャーで、とねっこ館のインストラクターの真杉智教さんを講師に招き、ヨガの呼吸法を取り入れたストレッチや、座って手でつま先をつかみ左右に腰を動かし、頭を下げて前倒す基本動作のほか、それまでの動作を組み合わせた複雑なポーズにも挑戦し、90分のヨガ・ストレッチを終えました。

【TownTopics】ヨガ・ストレッチ講習会

全国町村監査功労者表彰 浅野賢さんが受賞しました

 12月15日、日高町役場において、全国町村監査功労者表彰が浅野賢さんに町長より伝達されました。
 浅野さんは平成22年4月から現在まで日高町代表監査委員として、町の財務管理、行政運営等の監査業務に尽力されました。今後も卓越した識見により、公正かつ能率的な行財政運営を担保するため監査業務を担われることが期待されています。

【TownTopics】全国町村監査功労者表彰

日高国際スキー場オープン 多数のスキーヤー、ボーダーが初滑り

 12月23日、日高国際スキー場の今シーズンの営業が開始されました。
 午前11時のオープンとともに、オープンを待ちわびたスキーヤーやスノーボーダーが早速リフトに乗り込み、初滑りを楽しんでいました。
 この日は、まだ積雪が少なく、第1リフトまでのオープンとなりましたが、他のコースも準備が整い次第、オープンしていく予定となっています。

【TownTopics】スキー場オープン

感動をありがとう!キタサンブラック 引退レースを勝利で飾る

 12月24日、中山競馬場で開催された中央競馬GⅠ競走、第62回有馬記念で福満のヤナガワ牧場生産馬キタサンブラック号が優勝し、牧場にはたくさんの関係者が訪れて祝福しました。
 キタサンブラック号は得意の先行逃げ切りでレースを進め、ゴールまで一度も他の馬の背を見ることなく快走。同馬らしい走りで2着馬に1馬身以上の差をつけて、引退レースを勝利で飾りました。
 今レースで優勝したことにより、GⅠ競走戦績は中央競馬史上最多タイとなる7勝を記録し、また、同馬のJRA(日本中央競馬会)通算獲得賞金は歴代単独1位となり、賞金王にも輝きました。
 レース終了後には引退セレモニーが行われ、その様子をテレビの前で見守ったヤナガワ牧場関係者からは、キタサンブラック号の勇姿に誇らしげな表情が伺えました。
 また、有馬記念優勝を含む2017シーズンの戦績が評価され、中央競馬史上7頭目の2年連続となる年度代表馬にも選出されました。
 キタサンブラック号は今後、安平町の牧場で種牡馬として活躍が期待されています。

【TownTopics】ヤナガワ牧場

優勝年月レース名
キタサンブラック号のGⅠ競走優勝レース
平成27年10月第76回菊花賞
平成28年5月第153回天皇賞(春)
平成28年11月第36回ジャパンカップ
平成29年4月第61回大阪杯
平成29年4月第155回天皇賞(春)
平成29年10月第156回天皇賞(秋)
平成29年12月第62回有馬記念

ご結婚おめでとうございます 婚活支援推進員が仲をとりもち祝・結婚

 町主催の婚活イベントに参加し、町の婚活支援を受けてきた農業青年が、12月24日、めでたく婚姻届を提出されました。
 結婚されたのは、肉牛生産業の坂賢一郎さん(厚賀)と本州から嫁いで来られた愛さん。
 これまで町では、TBSテレビの「日高の花嫁お見合い大作戦」をはじめ、様々な婚活イベントを開催してきましたが、一昨年1月に農業後継者の結婚機会拡大と後押しを目的として婚活支援推進員を設置してから、2組目のご成婚となりました。
 婚姻届提出の当日は、三輪町長のほか婚活支援推進員、婚活支援を担当する役場職員もかけつけ、2人を祝福し、町から記念品と花束が贈られました。

【裏表紙】祝結婚2

門別温泉とねっこの湯 新年を祝い、鏡開きや獅子舞踊り

 1月1日、門別温泉とねっこの湯で、新年恒例の鏡開きが行なわれました。
 午前11時に営業が開始されると、鏡開きを行い、訪れた入浴客に粗品が贈呈され、新年を祝いました。
 また、門別獅子舞保存会による踊りが披露され、獅子舞とかわいい子どもたちの踊りに拍手が送られました。
 その後、餅つきも行われ、鏡開きのお酒とともに皆さんに振る舞われました。

【TownTopics】とねっこ鏡開き

平成30年日高消防出初式を挙行 消防職員・団員142名、消防車両が勢揃い

 1月4日、日高西部消防組合の日高消防出初式が門別総合町民センターで行われました。
 式では、消防職員・団員142名、消防車両10台が行進。日高西部消防組合管理者の三輪町長は「毎年のように地震や台風被害が発生している。今後も関係機関と一体となって対応するよう期待している。」と挨拶し、防災・防火への決意を新たにしました。

【TownTopics】消防出初式

第3回全日本選抜小学生野球選手権淡路島大会 川端遥琉くんが北海道選抜に選出

 昨年11月に開催された2017北海道学童軟式野球都市対抗戦に、日高管内の選抜チームとして出場したJBC日高ブレイヴの川端遥琉くん(門別小6年)が、2月10日から兵庫県で開催される第3回全日本選抜小学生野球選手権淡路島大会の北海道選抜に選出されました。
 昨年12月29日には、川端くんが出場報告のため役場を訪れ三輪町長から激励金を受け取ると、「チームメイトは知らない選手ばかりで緊張していますが、少しでも勝利に貢献できるよう、頑張ります。」と、抱負を話しました。

【TownTopics】川端遥琉くん

チャイルド・プログラム「コーディネーショントレーニング・ボール運動」

 7月24日から門別総合町民センターを会場に、日高町スポーツ少年団指導者協議会と日高町教育委員会の協働事業「コーディネーショントレーニング・ボール運動」を行っており、今回で12回目のプログラムが終了しました。
 1回目に比べ体の動きが良くなり、「楽しい!」「もっとやりたい!」と運動することの楽しさも身につきました。ボール運動も同様に上達し、指導者の方々も成長速度に驚いています。
 今年度のプログラムは残り4回で終了となりますが、最後まで活発に運動していきたいと思います。

【まなびぃ】チャイルドプログラム1【まなびぃ】チャイルドプログラム2【まなびぃ】チャイルドプログラム3

このページに関するお問い合わせ