ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ

本文

掲載日
2017年12月29日更新

「ゲートボール教室」を開催しました

 10月31日、11月1日の2日間、「ゲートボール教室」が門別中央スポーツホールで開催され4名の子どもたちが参加しました。
 初日は基本的な打ち方、ゲートのくぐる順番やタッチ、スパーク打撃の練習を行い、講師の先生方にも筋がいいと褒められていました。最後には試合を行い先生方のアドバイスを受け白熱した試合を繰り広げていました。
 2日目は通過タッチやあがり、戦術を教わりすぐに試合を行いました。先生方も入りより実践に近い形でゲートボールを楽しむことが出来ました。自ら質問をして、「こうやりたい!」とたくさん声がありとても充実した教室となりました。

【まなびぃ通信】ゲート①【まなびぃ通信】ゲート②【まなびぃ通信】ゲート③

日高地区子ども会「社会施設見学会」

 11月3日、日高地区子ども会主催による『社会施設見学会』を開催しました。
 当日は日高地区子ども会の会員とその家族の計28名が、千歳市のサケのふるさと千歳水族館と新千歳空港ターミナルビルを見学しました。
 サケのふるさと千歳水族館では、ヤマメやニジマスなど釣堀でお馴染みの魚や、普段はあまり見ることのできない、千歳川に生息する珍しい魚たちを参加者は楽しそうに見たり触れたりしていました。
 また、新千歳空港ターミナルビルでは空港施設を思い思いに見学し、時間いっぱいまで楽しんでいる様子でした。

【まなびぃ通信】子ども会①【まなびぃ通信】子ども会②【まなびぃ通信】子ども会③

ダンスや民謡などを披露 平成29年度「日高町文化祭」(門別地区)

 11月3日から12日にかけて、門別総合町民センターで日高町文化祭(門別地区)が開催されました。
 展示部門では、書道や生け花、手芸などの展示作品の他、囲碁大会やお茶会、わいわい将棋まつりなどが行われ、多くの来場者を集め賑やかな会場となっていました。
 発表部門では、ダンスや民謡、カラオケなど69プログラムの発表が行われ、会場に訪れた多くの観客を沸かせていました。

【Town topics】門別地区文化祭

放課後子どもサポートプログラム「まっく」

器械体操(全地区)

 11月6日から8日の3日間、まっく(全地区)のスポーツ教室第4種目として「器械体操」が門別総合町民センター(スポーツセンター)で開催され、町内の小学1年生から3年生までの延べ227人が元気いっぱいに参加しました。
 器械体操では主にマット運動と跳び箱を行いました。前転や後転を行い1日目に比べてスムーズになったり、跳び箱でも確実に成長している姿が見えました。
 子どもたちからも「できた!」という声や笑顔が溢れる楽しい器械体操となり、充実した教室になりました。

【まなびぃ通信】まっく(器械体操)①【まなびぃ通信】まっく(器械体操)②【まなびぃ通信】まっく(器械体操)③

 

けん玉づくり(厚賀・門別)

 11月9日、24日、まっく「けん玉づくり」が厚賀コミュニティセンター、門別公民館でそれぞれ行われ、厚賀では32名、門別では18名の参加者が集まりました。
 ペットボトルと段ボールを使ってけん玉を作る教室で、複雑な構造でしたが、1人1人説明をしっかり聞き、真剣に取り組む姿が見られました。
 出来上がるまでは「なんだろう?」という感じでしたが、完成後も想像力を働かせ、夢中になって遊び、回数を競い合っているなど楽しんでいる姿が見られました。

【まなびぃ通信】まっく(けん玉づくり)①【まなびぃ通信】まっく(けん玉づくり)②【まなびぃ通信】まっく(けん玉づくり)③

 

紙であそぼう(富川)

 11月15日から17日の3日間、まっく(富川)の「紙であそぼう」が新光町生活館で開催され、60名の参加者が集まりました。
 内容は、折り紙でコマを作るのと、紙飛行機を作って飛ばすというものでした。どちらとも複雑な折り方などがあり、戸惑っているようにも見えましたが、全員完成することが出来ました。
 完成後、コマは1番長く回っているのは誰か競争したり、紙飛行機では1人ずつ投げて、飛距離を競い合いました。どちらも好評で、充実した教室とまりました。

【まなびぃ通信】まっく(紙であそぼう)①【まなびぃ通信】まっく(紙であそぼう)②【まなびぃ通信】まっく(紙であそぼう)③

「沙流太ほおずき絆の会」と富川高校生 ほおずきスイーツが完成

 沙流太ほおずき絆の会(降幡治男 会長)と富川高校生が本年中に栽培・収穫した食用ほおずきを使用したスイーツ「チャイニーズランタン」と「グリュックマカロン」が完成し、11月9日、門別競馬場でPR販売が行われました。
 当日はホッカイドウ競馬最終日ということもあり、多数の来場者へ富川高校生がほおずきの魅力をアピールし、この日用意したチャイニーズランタン120個、グリュックマカロン50個を完売しました。
 どちらのスイーツもほおずきの甘酸っぱさや香りを活かしたお菓子となっており、購入後、その場で食べたお客さんからも大変好評でした。

【Town topics】富高生ほおずき販売

平成29年度 日高町功労者表彰

 平成29年度日高町功労者表彰式が11月9日、門別公民館で行われました。
 この表彰は、長年にわたり地方自治の振興や産業・社会福祉・教育文化の充実など、町の発展に大きな貢献をされた方々に対し、贈呈されるものです。
 今年度は、社会貢献表彰を6名の方、産業貢献表彰を1名の方、善行表彰を2名の方が受賞され、町長から表彰状が手渡されました。
 表彰状の贈呈後には、受賞者を代表して工藤 好功様から謝辞が述べられました。

功労者表彰(表彰楯贈呈)功労者表彰(表彰楯贈呈2)

功労者表彰(集合写真)

 

今年もたくさんの応援、ありがとうございました! ホッカイドウ競馬2017シーズン終了

 11月9日、ホッカイドウ競馬2017シーズンが最終日を迎え、門別競馬場にはたくさんの競馬ファンが訪れました。
 場内のとねっこ広場には今シーズンの重賞競走優勝馬や過去5年間の道営記念優勝馬の写真が展示され、また、石狩鍋や原木なめこ「日高の沢味」をふんだんに使った特製なめこ汁もふるまわれました。
 今年最後のレースとなった「第60回道営記念」では、ステージインパクト号が1番人気のオヤコダカ号に僅差で勝利しました。

 レース終了後には「ジョッキー交流会」が行われ、ホッカイドウ競馬の騎手が勢揃いし、記念撮影や騎手のサイン入りグッズ抽選会など、大盛況のうちに2017シーズンが終了しました。

【Town topics】ホッカイドウ競馬最終日1【Town topics】ホッカイドウ競馬最終日2【Town topics】ホッカイドウ競馬最終日4

【Town topics】ホッカイドウ競馬最終日3

 

沙流川大学第7回講座「運動会と町内研修」

 11月11日、日高総合体育館と日高町民センターにおいて、第7回講座「運動会と町内研修」が開催され、17名が参加しました。
 午前は「うさっぷスポーツの集い」に参加し、沙流川大学生の拍手や声援で活気づけられた会場は大いに盛り上がり、スポーツと交流会を通して親睦を深め、多世代交流を図ることができました。
 午後の町内研修では、日高西部消防組合消防署日高支署職員の清水哲也氏、坂雄太氏を講師に迎え、「沙流川大学救急講習会~身近に起こりうる救急対処法~」と題して救急講習会を行い、応急手当法や心肺蘇生法、AEDの取扱い方法などを、映像を交えた講演と実技指導により学び、参加者は最後まで熱心に話を聞き真剣に取り組んでいました。

【まなびぃ通信】沙流川大学①【まなびぃ通信】沙流川大学②【まなびぃ通信】沙流川大学③

うさっぷスポーツの集いが開催されました

 11月11日、総合型地域スポーツクラブ「うさっぷスポーツクラブ」主催による、うさっぷスポーツの集いが開催され、幼児からお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん世代の方まで、約100名が紅白に分かれて様々な種目で運動を楽しみました。
 普段はあまり運動をする機会がない方でも、無理なく楽しめる種目が設定されており、参加者は世代を超えた交流とスポーツを楽しんでいる様子でした。
 昼食は、日高町婦人会が作った美味しい豚汁とおにぎりで舌鼓を打ち、その後は特産品や入浴券が当たる抽選会で盛り上がるなど、会場には笑顔と笑い声が溢れた楽しい秋の一日となりました。

【Town topics】うさっぷスポーツの集い①【Town topics】うさっぷスポーツの集い②【Town topics】うさっぷスポーツの集い③

第42回エリザベス女王杯 モズカッチャンがGⅠ初制覇

 11月12日、京都競馬場で開催された中央競馬GⅠ競走、第42回エリザベス女王杯で豊郷の目黒牧場生産馬モズカッチャン号が優勝し、牧場にはたくさんの関係者が訪れて祝福しました。
 レース序盤、中団につけたモズカッチャン号が最後の直線で加速、ゴール手前で差しきり優勝、GⅠ競走を初制覇しました。
 現地では同牧場の忠法代表が応援しているなか、自宅で応援していた代表夫人は、「GⅠ初勝利は感無量。夢を見ているよう。」と話しました。

【Town topics】モズカッチャン

日高町から社会福祉事業功労者として5名が受賞 北海道日高振興局長表彰

 11月15日、社会福祉事業功労者として、藤本幸治さん、前野博幸さん、米川仁美さん、小林みちよさん、佐藤登男さんら5名に北海道日高振興局の田原敦くらし・子育て担当部長より表彰状が授与されました。
 本表彰は、民生委員児童委員として地域で多年にわたり活躍され、その功績が特に顕著な方に贈られるものです。
 民生委員児童委員は、地域住民の相談や必要な援助を行い、社会福祉の増進に努める方々で、制度創設から100周年を迎えました。

【Town topics】福祉表彰

平成29年度 富川高等学校開放講座

 11月15日から12月1日までの間の5日間、富川高等学校開放講座が開催されました。
 今年度は「数学で頭の体操」「絵本セラピー」「エクセル入門」「すぐ使える手話」の4講座を開講し、延べ31人の町民が受講されました。
 「数学で頭の体操」では、素早く計算できるインド式数学、「絵本セラピー」では、絵本の読み聞かせや自分自身を見つめ直すワークショップ、「エクセル入門」では、関数を使った簡単な表計算、「すぐ使える手話」では、指文字五十音や手話による簡単な会話や自己紹介など、4講座ともそれぞれ専門的な事を学びました。
 参加した町民からは、「すごく楽しかった」「また来年もやってほしい」などといった声があがり、とても満足していました。

【まなびぃ通信】学校開放講座①【まなびぃ通信】学校開放講座②【まなびぃ通信】学校開放講座③

第6回日高町長杯U12フットサル大会

 11月18日、19日の2日間、日高総合体育館と日高高校体育館において、日高地区生涯学習事業推進協議会と国立日高青少年自然の家主催により、第6回日高町長杯U12フットサル大会を開催され、全道各地から集まった16チームにより熱戦が繰り広げられました。
 初日の予選リーグから拮抗した見応えのある接戦が続き、2日目の決勝トーナメントでは、熱戦を制した苫小牧泉野サッカークラブが今大会の頂点に立ちました。

《結 果》
優 勝  苫小牧泉野サッカークラブ(苫小牧市)
準優勝 Shiraoi Football Club(白老町)
第3位  YELL(日高町)

【まなびぃ通信】フットサル①【まなびぃ通信】フットサル②【まなびぃ通信】フットサル③

日高地区で災害図上訓練 災害に強いまちづくりを目指して

 11月25日、日高こもれびホールで日高地区の全自治会・町内会を対象としたDIG(災害図上訓練)が開催されました。
 日高地区では約10年ぶりとなるDIGの開催に30名が参加、日高西部消防組合職員の指導の下、自助・共助・公助など災害に対する心構えや知識などを学んだ後、図上訓練を実施しました。
 図上訓練後には避難所運営や救急救命士による応急手当の実技指導も行われました。

【Town topics】災害図上訓練

平成29年度成人講座「HIDAKA'Sキッチン~フレンチ編~」(日高乳業(株)協賛)

 11月25日、札幌市内を中心にフランス料理の指導をされている大江廣嗣氏(北斗文化アカデミー札幌本部主任教授)を講師に招き、「HIDAKA'Sキッチン~フレンチ編~」が門別総合町民センターで開催されました。
 当日は31名が集まり、講師から地元の乳製品を使ったフランス料理3品を実際に作りながら教えていただきました。その後の調理実習では、テーブルごとに調理の分担を決め、講師の指導の下、それぞれ協力しながら楽しくフランス料理を作り上げました。

【まなびぃ通信】料理教室①【まなびぃ通信】料理教室②【まなびぃ通信】料理教室③

地域の見守りや不法投棄の情報提供など 日本郵便と包括的連携協定を締結

 11月27日、日高町と日本郵便株式会社による「包括的連携に関する協定」が締結されました。
 連携事項は高齢者等の見守り、道路棄損等の情報提供、公共用地における不法投棄等の情報提供の他、地域の活性化・住民サービスの向上等の4点で、関係郵便局は町内5地区の各郵便局と苫小牧1局の計6局。
 門別郵便局の成田局長は、「日々の配達業務を通して、お役に立てれば。」と話しました。

【Town topics】日本郵政との調停式

北海道コカ・コーラボトリング(株)様より寄贈 福祉施設へクリスマスプレゼント

 11月30日、北海道コカコーラボトリング株式会社様より、日高町の福祉施設へクリスマスプレゼントとして、清涼飲料水28ケース(732本)が寄贈されました。
 同社は昭和43年から毎年道内各地の福祉施設へクリスマスプレゼントとして同社製品を寄贈しており、当町へは平成12年から18年連続で寄贈いただいております。
 いただいた清涼飲料水は町内の各施設に届けられました。

【Town topics】コカ・コーラ寄附

このページに関するお問い合わせ