ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ

本文

掲載日
2017年12月1日更新

放課後子どもサポートプログラム「まっく」

アイスづくり(厚賀)

 9月20日、まっく(厚賀)の「アイスづくり」を厚賀コミュニティセンターで開催し、22名の参加者が集まりました。
 氷に塩を入れると温度が急激に下がる現象を利用してアイスを作る教室で、参加者はアイスを固めるために一生懸命袋を振り、参加者全員が2個ずつ完成させることができました。
 当日は少し肌寒い気温となりましたが、参加者は自分で作ったアイスを美味しそうに食べ、中には「売っているアイスよりおいしい。」という参加者もいて満足した様子でした。

【まなびぃ通信】まっくアイス①【まなびぃ通信】まっくアイス②【まなびぃ通信】まっくアイス③

 

コーディネーショントレーニング(全地区)

 10月2日、3日の2日間、まっく(全地区)のスポーツ教室第3種目として「コーディネーショントレーニング」を門別総合町民センター(スポーツセンター)で開催し、町内の小学1年生から3年生までの延べ160人が元気いっぱいに参加しました。
 コーディネーショントレーニングではじゃんけん運動、ボール運度、フラフープ運動、鬼ごっこ運動の4種目を行い、どの種目も元気に笑顔が溢れ、にぎやかな楽しいトレーニングとなりました。終了後も「もっとやりたい。」という声もあり、充実した教室になりました。

【まなびぃ通信】まっくコーディネーショントレーニング①【まなびぃ通信】まっくコーディネーショントレーニング②【まなびぃ通信】まっくコーディネーショントレーニング③

 

プラ板キーホルダーづくり(門別)

 10月6日、まっく(門別)の「プラ板キーホルダーづくり」を門別公民館で開催し、30名の参加者が集まりました。
 プラ板をオーブンで熱することで縮んで固くなる性質を利用しキーホルダーとバッジを作る教室で、参加者は思い思いの絵や文字をプラ板に描き、オーブンの中でプラ板が縮んでいく様子を観察していました。参加者からは「すごい!」「まだ作りたい!」などの声があがっており、とても楽しんでいた様子でした。

【まなびぃ通信】まっくプラ板①【まなびぃ通信】まっくプラ板②【まなびぃ通信】まっくプラ板③

 

アート教室(富川)

 10月25日から27日の3日間、まっく(富川)の「アート教室」を新光町生活館で開催し、59名の参加者が集まりました。
 町内在住の画家「千代 明」氏を講師に招き、自然の素材を使ったアートを教えていただきました。先日厚賀で開催した際と同様、石ころ、砂、流木や貝殻などをテーマを設けずに思い思いにダンボールに貼り付けていくという教室でした。
 当日はあらかじめ集めておいた素材の中から好きな素材を選び、動物や人の絵や中には立体的に素材をつける参加者もおり、素晴らしい作品を完成させていました。

【まなびぃ通信】まっくアート①【まなびぃ通信】まっくアート②【まなびぃ通信】まっくアート③

地域貢献活動 道の駅へAEDを寄贈

 10月4日、一般社団法人日本道路建設業協会北海道支部(中田隆博支部長)より、地域貢献活動として、道の駅樹海ロード日高へAED(自動体外式除細動器)1機を寄贈していただきました。
 同協会は平成19年より、道路建設業の特長を生かした社会・環境貢献活動に取り組んでおり、富田幹事長は「地域コミュニティーの方々や道路利用者の安全・安心確保に役立てて欲しい」と話されました。

【Town Topics】AED寄贈

 

ホッカイドウ競馬・北海道コンサドーレ札幌のタイアップイベント ドーレくんが町内各所を訪問

 10月5日、ホッカイドウ競馬と北海道コンサドーレ札幌がタイアップしたイベント「北海道コンサドーレ札幌DAY」が門別競馬場で開催されました。
 イベントは競馬場内のみならず、町内のサッカー少年団を対象にしたジュニアサッカー教室の開催や、北海道コンサドーレ札幌のマスコットキャラクター「ドーレくん」の富川二葉保育所への訪問など、サポーターや地域が一体となったイベントになりました。

【Town Topics】ドーレ君訪問

沙流川大学第6回講座「芸術鑑賞~人形浄瑠璃文楽公演~」

 10月11日、札幌市教育文化会館で、沙流川大学第6回講座「芸術鑑賞~人形浄瑠璃文楽公演鑑賞~」を14名の参加により開催し、教養の向上と参加者間の交流を図ることができました。
 開演前には、女性の文楽人形と間近で記念撮影をし、まるで生きているかの様に女性らしい繊細な人形の動きに参加者は驚いていました。
 開演冒頭では、文楽についての分かりやすい説明があり、舞台横には電光表示板による字幕も用意されていたため、義太夫節独特の節回しにセリフが聞き取れなくても参加者全員が十分に鑑賞を楽しむことができました。
 鑑賞中の参加者は、物語を語る「太夫」、情景を音で表現する「三味線」、一体の人形を三人で遣う「人形」の三業が一つとなった精根込めた熱演に、終始舞台に魅了され、心情に迫る巧みな演出に会場全体が感動で一体となり拍手喝采で舞台は締め括られ、満ち足りた時間を過ごしました。

【まなびぃ通信】沙流大①【まなびぃ通信】沙流大②【まなびぃ通信】沙流大③

「終活」を考える 生前整理・遺品整理セミナー開催

 10月11日、門別ふれあいセンター(門別本町)で開催され、約20名が参加されました。
 セミナーは終活アシスト協会代表理事の佐藤美幸氏を講師に招き、「残された人が困らない生活整理と遺品整理」をテーマに、遺品整理の方法やその費用など、約2時間にわたり講演され、「終活」のあり方について認識を深めました。

【Town Topics】生前整理・遺品整理セミナー

ルアーフィッシング教室 in 汐見

 10月12日、15日の2日間、「ルアーフィッシング教室in汐見」が開催され23名の子どもたちが参加しました。
 初日は事前研修として魚や用具の知識、ルアーの投げ方などを学習し、最初は上手く投げることの出来なかった参加者も、回数を重ねるごとにまっすぐ投げられるようになるなど、どんどん上達していました。
 迎えた本番当日は、気温が低く風が強い中、日高町に拠点を置く釣り会「TCD(トップキャスターズダービー)」の方々に優しく楽しみながらルアーフィッシングを教えていただきました。
 今年は昨年の成果を参考にむかわ町の汐見漁港での開催となり、参加者はTCDの方々に教わりながら思い思いにキャスト(ルアーを投げること)していました。
 成果としてはウグイとソイ1匹ずつ合計で2匹となり、満足のいく結果とはなりませんでしたが、「もう少しで釣ることができた。」などと興奮気味に話している姿が見られるなど、思い出に残る一日となりました。

【まなびぃ通信】ルアーフィッシング教室①【まなびぃ通信】ルアーフィッシング教室③

【まなびぃ通信】ルアーフィッシング教室②

里平小学校 全児童6名で最後の学芸会

 10月14日、来年3月で閉校が決まっている里平小学校にとって最後の学芸会が開催されました。
 現在の児童数6名による今年の学芸会は「みんなで輝けラストステージ!!」をテーマに、器楽、劇、合唱などが披露され、児童それぞれがこれまで練習してきた成果を存分に発揮し、会場に訪れた方達を楽しませていました。
 また、町内の小学校では珍しいPTAによる劇も披露され、里平小学校最後の学芸会は地域と一体になって開催された学芸会でした。

【Town Topics】里平小学校学芸会

平成30年度全道少年(U-11)8人制サッカー大会 エストレヤが苫小牧地区代表に!

 10月14日から15日にかけて、全道少年(U-11)8人制サッカー大会苫小牧地区予選が苫小牧緑ヶ丘公園サッカー場で開催されました。
 大会は1試合3ピリオドのリーグ戦形式行われ、1ピリオド8名、2ピリオド8名では同じ選手が試合にでることができないルールのため、最低16名の選手で試合が行われました。
 町内のサッカークラブ「エストレヤ」(長谷川大樹監督)は苫小牧のチームと合同参加し見事勝ち進み、来年4月に行われる全道大会の出場枠を獲得しました。

【Town Topics】エストレヤFC

第12回 日高町健康まつり

 「第12回日高町健康まつり」が10月15日(日)、門別総合町民センターで開催され、約300人の方が来場しました。

健康まつり1健康まつり2健康まつり3

健康まつり4健康まつり5健康まつり6

健康まつり7

秋の味覚を堪能 日高「秋」の味覚フェア&北海道オールドカーフェスタ

 10月15日、道の駅樹海ロード日高で日高「秋」の味覚フェアが開催されました。
 ヤマベの唐揚げや天むす、地元で採れた秋野菜、地元食材等を使ったお好み焼き、タコをふんだんに使ったタコおこわ、また、日高近海の海産物販売など、日高の旬の味覚を楽しもうと、町内外より約1,500人が訪れました。
 同時開催となった北海道オールドカーフェスタでは、昭和の時代に活躍した名車や、懐かしい旧車など、約120台が集まり、オールドカーファンのみならず、イベントに訪れた来場者を楽しませました。

【Town Topics】秋の味覚フェア

安心して暮らせる地域づくりのために 福祉講演会を開催

 10月20日、門別公民館で名寄市立大学保健福祉学部社会福祉学科忍正人准教授を講師に招き、「一人ひとりが自分らしく安心して暮らせる地域づくりのために」と題して、講演会が開催され、町民等約50名が参加し、熱心に耳を傾けていました。
 参加者からは「これからの高齢者支援は介護保険だけでは賄いきれなくなることが分かった」、「福祉関係者だけではなく町全体で取り組まなければならない課題であることを認識した」等の声も聞かれました。

【Town Topics】福祉講演会

第78回菊花賞 キセキがGⅠ競走初勝利

 10月22日、京都競馬場で開催された中央競馬GⅠ競走、第78回菊花賞で福満の下河辺牧場生産馬キセキ号が優勝し、牧場にはたくさんの関係者が訪れて祝福しました。
 レースは前週から続く雨の影響から不良馬場の状態で開催されましたが、キセキ号の持ち前の力強い脚で2着馬に2馬身差を付け優勝し、初のGⅠ競走制覇が菊花賞というビッグタイトルでした。

【Town Topics】菊花賞(キセキ)

門別ことぶき学園第6回本科「修学旅行~十勝川~」

 10月23日、24日の1泊2日で、門別ことぶき学園の修学旅行が36名の参加で行われました。
 1日目は、日高町より紫竹ガーデンに行きましたが、あいにくの天気で見学はできませんでした。その後、帯広競馬場に行き、普段見ることのないばんえい競馬を観戦し、ばん馬の力強さに驚きを覚えました。夜は十勝川温泉で旅の疲れを癒やし、懇親会で交流を深めました。
 2日目は、池田町ワイン城や柳月スイートピアガーデンに行き、見学や買い物などを楽しみました。

【まなびぃ通信】ことぶき学園①【まなびぃ通信】ことぶき学園②

事前に徹底した準備を! 門別ししゃも祭り会場で警察と消防による合同訓練

 10月28日、門別ししゃも祭りを翌日に控えた会場で、警察と消防による合同訓練が実施されました。
 会場内で異臭騒ぎが起き、負傷者が出たという想定で、実際に防護服を身に付けた状態で行われました。
 事前に訓練することは重要なことですが、屋外での合同訓練は珍しく非常に有意義な訓練となりました。

【Town Topics】テロ対策訓練

団体・個人から800点超の展示作品 日高地区町民文化祭開催

 10月28日、29日、日高町民センター及び総合体育館で第12回日高地区町民文化祭が開催されました。日高小学校・日高高校を含め19団体と個人から、陶芸、写真、手芸など800点を超える展示作品が出品され、29日には幼児から高齢者まで9団体と個人の35プログラムによる芸能発表会が開催されました。発表会の最後は日高高校産業学習生による日高地区伝統芸能「日高山岳太鼓」の勇壮な撥さばきに200名を超える観客から大きな拍手と歓声が送られました。

【Town Topics】日高地区文化祭

第156回天皇賞・秋 キタサンブラックが天皇賞・春秋連覇

 10月29日、東京競馬場で開催された中央競馬GⅠ競走、第156回天皇賞・秋で福満のヤナガワ牧場生産馬キタサンブラック号が優勝し、牧場にはたくさんの関係者が訪れて祝福しました。
 キタサンブラック号はこの春に開催された天皇賞・春でも優勝しており、同一年の天皇賞の春秋連覇は史上5頭目の快挙となりました。
 年内で引退を表明しているキタサンブラック号ですが、残りのレースにも大きな期待が寄せられています。

【Town Topics】天皇賞秋(キタサンブラック)

第47回門別ししゃも祭り

 日高町の秋の味覚「ししゃも」を堪能できるイベント、「第47回門別ししゃも祭り」が10月29日、ホクレンSS門別セルフスタンド横の特設会場で開催され町内外から合わせて約1万2千人の方が来場されました。
 今年もバスツアーなどの利用による札幌方面を中心とした町外からの来場者が目立ちました。

 一回500円の「生ししゃものつかみ取り」では、長蛇の列が出来、氷水の中に入れられた生ししゃもを素手でつかみ取り、子どもも大人も大喜びしていました。
 今年も、「鮭のつかみ取り」が行われ大きな水槽で泳ぐ3キロ前後もある鮭を必死に追いかけ、捕まえると大きな歓声が沸きました。
 「ししゃものすだれ干し早つくり大会」では優勝者へ、北海道日高乳業株式会社様より提供いただいたヨーグルッペ並びにサッポロビール株式会社様からビールなどがプレゼントされました。

 ステージでは、富川元町振興会「蛍太鼓」による迫力のある演奏でオープニングを飾りました。 続くステージイベントでは、「ピエロのぐっち」によるスペシャルバルーンショーで会場の子どもも大勢参加しました。また、今年も富川高校吹奏楽部が出演し、日高町イメージソング「日高讃歌」などを披露し会場を盛り上げました。
 札幌市の今井道場によるステージでは、司会のとついようこさんも空手演舞を行い、さらに瓦割りも披露されました。
 トリを飾った「山本リンダ」の歌謡ショーでは、大ヒット曲「ねらいうち」や「どうにもとまらない」などを熱唱され、ステージイベントを大盛り上がりで締めくくりました。
 会場内には炭火焼き用のコンロが用意され、寒い中、販売されているししゃもを焼いてほおばる方々の姿が見られました。

ししゃも祭り1ししゃも祭り8

ししゃも祭り4ししゃも祭り3

ししゃも祭り14ししゃも祭り7ししゃも祭り6

ししゃも祭り2ししゃも祭り9ししゃも祭り12

ししゃも祭り11

ししゃも祭り10ししゃも祭り13

 

日高自動車道日高厚賀インターチェンジ開通記念 厚賀中生徒が記念植樹

 10月31日、来年3月の日高自動車道日高厚賀インターチェンジ開通を記念して、厚賀中生徒による記念植樹が行われました。
 インターチェンジの入り口付近に植樹していただくことで、開通後も自分が植えた苗木を見ることができ、日高自動車道に親しみと愛着を感じてもらおうと日高町が主催しました。
 同自動車道周辺で採取した種を育成したミズナラ、ミツバウツギ、カンボク、ホオノキ、ヤマモミジ、クロビイタヤの6種の苗木120本を生徒、教員25名により植えられました。

【Town Topics】厚賀IC記念植樹2

ひだか文化講座「書道教室」が終了しました

 本年度のひだか文化講座「書道教室」は小西洋子氏を講師に迎え、受講者11名により6月から開催してきました。
 10月に開催された日高地区文化祭には様々な書体の作品を出展し、4か月間の成果を披露して今年度の教室を終了しました。
 参加された皆さんが一生懸命に取り組んでいたことが良くわかる、大変素晴らしい作品に仕上がっておりました。

【まなびぃ通信】書道教室①【まなびぃ通信】書道教室②【まなびぃ通信】書道教室③

このページに関するお問い合わせ