ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ

本文

掲載日
2016年6月1日更新

門別地区自治会連絡協議会功労者表彰・感謝状贈呈 地域社会への振興・発展への功績を称え

  5月30日、平成28年日高町門別地区自治会連絡協議会(土田作郎会長)功労者表彰式、感謝状贈呈が門別公民館で行われ、塚田忠さん、高橋正幸さん、の2名が功労者表彰を受け、菅原安昭さんが感謝状の贈呈をうけました。
 功労者表彰の2名につきましては、長年にわたり町内会長等を務め地域の振興、発展に尽力されました。また菅原さんにつきましては、避難用地を提供し地域の安全に寄与されました。
 会長より祝辞とともに記念の盾、感謝状が贈呈されました。

 

門別地区自治会表彰

100歳おめでとうございます

 5月26日に100歳を迎えられた、山田ミツヱさんに、ご家族が見守る中、祝状と記念品が贈られました。

 

山田ミツヱさん100歳

園児にも大人気! 厚賀幼稚園にかわいいバスが仲間入り

 5月24日、厚賀幼稚園に車体に大きな犬のデザインが施された「ワンワンバス」が納車されました。
 ワンワンバスの定員は大人3人、子ども24人で、厚賀幼稚園の園児全員を一度に送迎できます。後部スライドドアには小さな子でも乗りやすいよう自動ステップも装備され、園児は「かわいいバスに乗れてうれしい。」「毎日このバスに乗るのが楽しみ」と喜んでいました。
 ワンワンバスは同月27日から園児の送迎に運用され、町内を走行しています。

 

ワンワンバス1ワンワンバス2

門別やすらぎ荘にてボランティアによる各慰問活動 そば打ちの実演・大正琴の演奏会

 5月23日、門別やすらぎ荘で平取そば打ち同好会(旭岡誠会長、会員20人)によるそば打ちの実演が行われました。小気味よい音を響かせながら、リズミカルに手際よく作業する様に利用者の方は見入っていました。
 同好会のお手本を参考に利用者の方数人に体験してもらい、体験後は、「昔は家でやっていた」という声もあちこちから聞こえ、昔話に花を咲かせているうちに、あっという間に打ち上がったそばは、何と60人前。
 昼食時間に合わせて茹で始め、さらに、うどやさつまいもの揚げたての天ぷらを乗せ、天ぷらそばとしてみんなでおいしくいただき、終始なごやかな中、平取同好会によるそばうちの実演が終わりました。ごちそうさまでした。
 

 また、翌日24日には富川の琴朋会(藤原マサエ代表)による大正琴の演奏をご披露いただきました。
 この日は5名の演奏者にお越しいただき、「夕やけ小やけ」や、「ふるさと」など、全7曲をご披露いただきました。
 途中、大正琴の演奏に合わせ曲の歌詞を口ずさむ利用者の方もいたりと、大正琴の音色にどこか懐かしさを感じる演奏会でした。

 

やすらぎ荘そば打ちやすらぎ荘大正琴演奏会

日高の旬を味わう 日高「春」の味覚フェア開催!

 5月22日、道の駅「樹海ロード日高」で日高「春」の味覚フェアが開催されました。
 当日は天候にも恵まれ、日高の旬の素材をふんだんに使った料理を楽しもうと、町内外より延べ約2,000人の方が来場され、春の味覚を存分に楽しんでいました。
 また、同会場では北海道オールドカーフェスタも同時開催され、昭和の時代に活躍した名車や旧車約140台が集まり、会場を訪れたファンを魅了していました。

 

春の味覚フェア1春の味覚フェア2オールドカーフェスタ春1オールドカーフェスタ2

有限会社成功様による地域貢献活動 門別やすらぎ荘物置小屋の解体

 5月20日・21日の両日、札幌市白石区の有限会社 成功様による地域貢献活動が行われました。
 同社の代表取締役が日高町出身であったため、実施していただくこととなったこのたびの地域貢献活動ですが、門別やすらぎ荘の物置等の解体工事を5棟分実施していただきました。
 解体によってまっさらに整備された跡地は眺めも良くなり、心地良い空間となりました。

 

やすらぎ荘地域貢献

富川高校生とのほおずき苗の定植作業実施

 5月19日、沙流太ほおずき絆の会(降幡治男 会長)と富川高校商業科3年生による交流会及び今年度第1回目の活動が行われました。
 はじめに講師の方からほおずきの栽培やスイーツ開発についての講義があり、その後場所を移し全293本の苗を富川高校生6名を含む26名で定植作業を行いました。
 今回植えたほおずきは9月中旬から下旬にかけ収穫し、収穫後は富川高校生によってほおずきの特徴を生かした新商品の開発を行う予定です。

 

ほおずき定植1ほおずき定植2

日高町、門別競馬場が舞台 「ホースマンの純情」凱旋上映会&タカトシ寄席in日高

 5月15日、門別総合町民センターで「ホースマンの純情」凱旋上演会と、その記念として「タカトシ寄席」が開催されました。
 当町で撮影された同映画は、軽種馬牧場で働く若者の成長を描く短編映画で、北海道の「札幌よしもと」を拠点に活動している道内出身のお笑い芸人が出演しています。
 上映会当日は同じく道内出身のお笑い芸人「タカ&トシ」ほか、人気芸人による寄席も開催され、普段見ることのできないお笑い芸人の芸やトークに会場は笑いの渦に包まれていました。

 

タカトシ寄席

かしわ記念で鮮やかな復活! コパノリッキーがGⅠ・6勝目を飾る

 5月5日、船橋競馬場で開催された第28回かしわ記念(GⅠ競走)で福満のヤナガワ牧場生産馬コパノリッキー号が優勝しました。
 コパノリッキー号は最後の直線に入って抜け出し、2着馬に3馬身をつける圧勝のレースでした。
 昨年11月のJBCクラシックから優勝が遠ざかっていたコパノリッキー号ですが、今回の優勝でファンへ復活をアピールし、このレースを機に、今後も活躍が期待されています。
 写真提供 NAR

 

コパノリッキー

ホッカイドウ競馬2016開幕! 門別競馬場で「春のケイバまつり」を開催

 5月3日、4日、門別競馬場で「春の競馬まつり」が開催されました。イベント初日は天候にも恵まれ、町内外より大勢の競馬ファンが訪れました。
 イベントではポニーの体験乗馬やレースのスターター疑似体験など、子供が参加できる催し物のほか、北海道ご当地グルメ屋台、ひだか特産市など、味覚も楽しめる内容となっていました。
 今シーズンで8年目を迎えたホッカイドウ競馬グランシャリオナイターは11月10日まで80日間の日程で開催されます。

 

春のケイバまつり

国際競争で圧巻の強さ! モーリスが日本馬で初のチャンピオンズマイル制覇!

 5月1日、香港シャティン競馬場で第16回チャンピオンズマイル(GⅠ)が開催され、豊田の戸川牧場生産馬モーリス号が見事優勝しました。
 今季初出走のモーリス号は4番手で最後の直線へ入り、その豪脚で楽に後続を引き離し、2着馬に2馬身差をつけて見事優勝しました。日本馬では初めての同レース優勝馬となりました。
 昨年12月にも香港でのレースに勝利し、これで国内外合わせ7連勝中のモーリス号がどこまで連勝を伸ばせるか、大きな期待が寄せられています。

 

モーリスチャンピオンズマイル優勝

第153回天皇賞・春(GⅠ)優勝! キタサンブラックが躍動 2度目のGⅠ勝利!

 5月1日、京都競馬場で開催された中央競馬GⅠ競走、第153回天皇賞・春で福満のヤナガワ牧場生産馬キタサンブラック号が優勝し、牧場にたくさんの関係者が訪れて祝福しました。
 キタサンブラック号はスタートからトップを走り続け、最後の直線で一度抜かれるも最後まで粘り、鼻差で追い返し激戦を制しました。
 自宅でレースを見守った関係者は「ゴール時点では勝ったかどうか微妙だったが、最後までよく走ってくれた」と優勝を喜んでいました。
 キタサンブラック号はこれでGⅠレース2勝目となり、今後さらなる活躍が期待されています。

 

キタサンブラック天皇賞・春優勝

このページに関するお問い合わせ