ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ
現在地

本文

掲載日
2015年12月25日更新

 

ランニングバイクカップ×nittan 道内外からたくさんの出場者が集結!

 8月24日、富川さるがわせせらぎ公園でペダルのない子供用自転車ランニングバイクのレース「ランニングバイクカップ×nittan」が開催されました。
 道内外から集まった2歳から6歳児115名が年齢別に分かれカーブや障害物の設置されたコースを走り抜け、熱い戦いが繰り広げられました。
 このイベントは、北海道新幹線開業に向けて胆振日高の自治体が地域活性化を目指す「北海道新幹線×nittan地域戦略会議」とTVh、日高町、商工会により構成されたランニングバイク×nittan実行委員会の主催により開催されました。

ランニングバイクカップ×nittanの写真1ランニングバイクカップ×nittanの写真2ランニングバイクカップ×nittanの写真3ランニングバイクカップ×nittanの写真4ランニングバイクカップ×nittanの写真5ランニングバイクカップ×nittanの写真6ランニングバイクカップ×nittanの写真7ランニングバイクカップ×nittanの写真8

道路功労者表彰受賞 日高連合自治会 道路の美化に貢献

 道路の美化に貢献されたとして、日高連合自治会が公益社団法人日本道路協会長より表彰され、8月21日、道路功労者表彰伝達式が行われ、室蘭開発建設部次長より表彰状が手渡されました。
 日高連合自治会では、平成15年からボランティア・サポート・プログラムの一環で、会員120人により 毎年6月に国道沿いの植樹桝へマリーゴールトやサルビアなどの植栽や、7月から10月にかけて草取り作業や清掃活動を行っており、今回の受賞となりました。

道路功労者表彰伝達式の写真

ナイター野球「富川フレンド杯」 球音響く!オールスターズ初制覇

 トミカワ教材協賛「富川フレンド杯」が、8月20日から町営富川球場で開催されました。
 今大会には8チームが参加しトーナメント形式で行われ、1回戦より熱戦が繰り広げられました。決勝戦は常連「富川コンボイ」と初めて決勝まで進んだ「オールスターズ」で行われ、 白熱した投手戦の末、2点を先制した「オールスターズ」がそのまま逃げ切り、初の栄冠を勝ち取りました。

優勝オールスターズ 準優勝富川コンボイ 3位 おちゃっぴーず

 富川フレンド杯の写真

(株)磯田組様へ善行表彰を授与 地域のため、町内3箇所で貢献活動を実施

 8月20日、地域貢献活動として門別小学校プール周辺整備、宮下団地歩道整備、日高老人福祉センター駐車場整備を行っていただいた株式会社磯田組様に対し、 善行表彰の授与が行われ、町長から磯田憲生社長に表彰盾が手渡されました。
 この度の地域貢献活動は、今年4月から6月にかけ、地域の工事を施工するにあたって、併せて地域のためになる活動をと町内3箇所の施設整備を申し出いただいたものです。
 町長からは、「地域のために、本当にありがとうございました。」と感謝の言葉が述べられました。

(株)磯田組様へ善行表彰授与の写真

北海道ママさんバレーボール大会日高予選会 門別はまなす優勝!全道大会へ

 7月27日、富川中学校体育館で開催された第27回ほくでんカップ北海道ママさんバレーボール大会日高予選会で「門別はまなす」が優勝し、全道大会への出場を決めました。
 8月12日には、同チームのメンバーらが役場を訪れ、9月に札幌市で開催される全道大会出場決定を報告し、大会での健闘を誓いました。

北海道ママさんバレーボール大会日高予選会優勝チーム役場訪問の写真

門別競馬場「シュエット・ジュマン・フェスティバル」 ひだか特産市などたくさんのイベント開催

 8月5日から2週にわたって、門別競馬場では「シュエット・ジュマン・フェスティバル(素敵な牝馬の祭り)」が開催されました。
 日高特産市やグルメ屋台、ちびっこ縁日、ポニー乗馬体験、ヤマメ釣り、お笑いミニライブなど、連日たくさんのイベントが行われました。
 13日には、「コンサドーレ札幌DAY」としてトークショーや子どもを対象にマスコットキャラクターのドーレくんとPK対決なども行われ、大勢の来場者でにぎわいました。

 シュエット・ジュマン・フェスティバルの写真1シュエット・ジュマン・フェスティバルの写真2

日高、門別両地区で戦没者追悼式 戦没者の冥福を祈り、平和を願う

 8月1日と22日の両日、平成26年度日高町戦没者追悼式が、日高地区、門別地区の両会場で開催されました。
 22日に開催した門別地区では、遺族と来賓の方々を含め約40名が参列し、戦没者の冥福を祈り黙祷を捧げ献花を行いました。
 門別地区遺族会の市原輝夫会長は、「再び、私たちのような悲しみを、誰にも味あわせないという強い信念を持ち続けねばならない」と挨拶しました。

平成26年度日高町戦没者追悼式の写真1平成26年度日高町戦没者追悼式の写真

このページに関するお問い合わせ