ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ
現在地

本文

掲載日
2015年12月25日更新

 

株式会社ハタナカ昭和様へ善行表彰を授与

 12月24日、まちづくり推進のため町へ100万円を寄附いただいた株式会社ハタナカ昭和様に対し、善行表彰の授与が行われました。
 三輪町長より表彰盾が手渡され、「日高町のまちづくり推進のため、期待に応えられますよう、有効に活用させていただきます。」とお礼が述べられました。

 株式会社ハタナカ昭和様への善行表彰授与の写真

感謝状を贈呈させていただきました

◆地崎道路株式会社北海道支店様
◆石山・大基経常建設共同企業体様
◆さくら佐藤・森田経常建設共同企業体
様地域貢献活動の一環として、日高中学校の学校施設整備及びひだか高寿園にAED1台を寄贈いただきました。
感謝状贈呈の写真1

◆磯田建設スポーツ振興杯実行委員会様
教育振興寄附金として、12万8千円を寄附いただきました。
感謝状贈呈の写真2

◆北興工業株式会社様(室蘭市)
地域貢献活動の一環として、教育振興のため厚賀中学校の学校施設整備を行っていただきました。
感謝状贈呈の写真3

◆日高自動車道厚賀工区協力会様
 池田建設株式会社様(苫小牧市)・株式会社遠藤組様(苫小牧市)・株式会社出口組様(新ひだか町)
地域貢献活動の一環として、教育振興のため厚賀小学校の学校施設整備を行っていただきました。
 感謝状贈呈の写真4

◆株式会社小金澤組様(苫小牧市)
地域貢献活動の一環として、町道の整備等を行っていただきました。
感謝状贈呈の写真5

◆株式会社日栄工業日高支店様
地域貢献活動の一環として、まちづくり推進のため30万円を寄附いただきました。
感謝状贈呈の写真6

第136回中山大障害(G1)優勝! アポロマーベリック 8馬身差で快勝!

 12月21日、中山競馬場で開催された中央競馬G1競走、第136回中山大障害で字平賀の藤本友則牧場生産馬アポロマーベリック号が優勝し、牧場にはたくさんの関係者が訪れて祝福しました。
 4100メートルのレースで、中盤から先頭に立つと、最後の直線では後続を引き離し8馬身差の圧勝となりました。
 自宅のテレビでレースを見守った家族や関係者は「夢のよう。信じられない。長年の夢が叶ってうれしい。」と優勝を喜んでいました。

アポロマーベリック優勝で喜ぶ関係者の写真1アポロマーベリック優勝で喜ぶ関係者の写真

日高国際スキー場オープン! 待ちわびたスキー客が初滑りを満喫!

 12月21日、日高国際スキー場の今シーズンの営業が開始されました。
 11時のオープンとともに待ちわびたスキー客達が、早速リフトに乗り込み、初滑りを楽しんでいました。
 この日は、まだ積雪が少なく第1リフトまでのオープンでしたが、今シーズンから第3、第4シングルリフトがペアリフトに改修され、全線ペアリフトによる営業となりました。

日高国際スキー場オープンの写真1日高国際スキー場オープンの写真

富川交通安全協会主催 飲酒運転防止追放キャンペーン!

 12月20日、富川交通安全協会(田中建夫会長)主催による「交通安全歳末飲酒運転防止追放キャンペーン」が行われました。
 出発式では、門別警察署森田交通課長が、「今年、平取町で1名、日高町で1名の方が亡くなる交通死亡事故が発生しており、冬期間に入ると、ますます交通事故の危険性が高まるので路面凍結によるスリップ事故、 飲酒運転の未然防止に努めてください。」と安全運転を呼びかけました。
その後、協会役員、警察署員、役場職員が町内の料飲店を巡回し、飲酒運転防止の協力を呼びかけました。
 飲酒運転防止追放キャンペーンの写真1飲酒運転防止追放キャンペーンの写真2

消防団協力事業所に表示証が交付されました

 12月18日、日高西部消防組合消防本部で「日高西部消防組合消防団協力事業所表示証交付式」が行われ、認定証と表示証が交付されました。
 日頃から消防団活動に対し積極的に協力している事業所に、社会貢献の証となる表示証を交付し、一層の地域防災体制の充実強化を図ることを目的とした制度で、今回の交付は、「従業員等が消防団員として、相当数入団している」として門別町農業協同組合・(株)武岡商店・(株)ハタナカ昭和日高三岩採石事業所・(株)小向建設が、「災害時等に事業所が所有する資機材等を消防団活動に積極的に提供するなど協力している事業所」として(株)武田組が認定されました。
 これにより、日高西部消防組合では20事業所が消防団協力事業所として認定されました。
 今後も、制度の趣旨を多くの方にご理解いただき、消防団活動に対しご協力いただくとともに、さらなる地域防災の充実強化に繋がることを期待いたします。

 日高西部消防組合消防団協力事業所表示証交付式の写真

平成25年度「ひだか馬の絵コンテスト」 日高町から優秀賞!

 12月16日、ひだか馬の絵コンテストで優秀賞に選ばれた、吉田沙永さん(富川小4年)の表彰式が富川小学校で行われました。
 「ひだか馬の絵コンテスト」は子どもたちに「馬」の絵の制作を通じて馬への親しみや関心を持ってもらうことなどを目的に、日高振興局が行っているもので、吉田さんは、昨年も同コンテストで優秀賞に選ばれており、2年連続での受賞となりました。
作品は、「ひだか馬の絵カレンダー」への掲載のほか、振興局のホールで展示されています。
 ひだか馬の絵コンテスト表彰式の写真1ひだか馬の絵コンテスト表彰式の写真画像

わくわく館でクリスマス会 サンタさんからクリスマスプレゼントも!

 12月16日、子育て支援センター「わくわく館」でクリスマス会が52組113名の親子が参加して開催されました。
 この日のために、事前に準備してきたサンタクロースやトナカイの人形、クリスマスツリーなどをたくさん飾り付けた会場で、みんなでクリスマスソングを歌ったり、ゲームなどをして楽しみました。
 最後にはサンタさんも登場し、子どもたち一人ひとりにクリスマスプレゼントが手渡されると、みんな大きな声で「ありがとう!」とお礼を言って笑顔で受け取っていました。

クリスマス会の写真1クリスマス会の写真2クリスマス会の写真3クリスマス会の写真4クリスマス会の写真5クリスマス会の写真6

「千代明アート展」こだわりや制作過程をご本人が解説

 12月15日、門別図書館で開催中の「千代明アート展」で、千代さんが自作の立体造形作品について解説をしました。
 今回、門別図書館に展示したスチール素材の作品22点は、板金仕事のかたわら、約7年間に制作したもので、こだわりつづけているテーマや制作過程など、エピソードを交えたわかりやすい解説に、参加者は熱心に耳を傾けていました。千代明アート展は、平成26年1月30日まで門別図書館郷土資料館で開催しています。
千代明アート展の写真1千代明アート展の写真

ドライバー安全運転競技大会 安全運転の基礎的な知識と技能を再確認!

 12月14日、門別地区安全運転管理者協会(磯田茂会長)主催による「平成25年度ドライバー安全運転競技大会兼青少年指導者等講習会」が、富川自動車学校で開催され、日高町・平取町の安全運転管理者選任事業所から10チーム20名が参加し、知識テストと基本走行の得点を競いました。
 前日にまとまった雪が降り、運転しづらい状況でしたが、真剣なまなざしで挑戦していました。
 また、門別警察署森田交通課長から事故防止対策講話や富川自動車学校教官からの講習等もあり、日頃の安全運転の大切さを再確認した一日となりました。

 平成25年度ドライバー安全運転競技大会兼青少年指導者等講習会の写真

福祉施設へクリスマスプレゼント 北海道コカ・コーラボトリング(株)様より寄贈

 12月13日、北海道コカ・コーラボトリング株式会社様より日高町の福祉施設へ、クリスマスプレゼントとして、清涼飲料水22ケース(474本)が寄贈され、同社日高販売課の菊池昌博様より町長へ製品が手渡されました。
 同社は、昭和43年から毎年道内各地の福祉施設へクリスマスプレゼントとして同社製品を寄贈しており今年で46回目、本数は262万本を超えています。いただいた清涼飲料水は、すべて町内の保育所等へ配られました。
 北海道コカ・コーラボトリング株式会社様より飲料水寄贈の写真

平成25年 秋の叙勲

 平成25年秋の叙勲では、日高町から鈴木恒さんが瑞宝双光章を、谷口光義さんが瑞宝単光章を受章されました。
第21回危険業務従事者叙勲では、日高町から奈良定幸さんが瑞宝単光章を受章されました。
 平成25年秋の叙勲伝達式の写真1平成25年秋の叙勲伝達式の写真

富川農協で金融機関強盗模擬訓練 防犯意識の向上と適切な対応方法を学ぶ!

 12月6日、金融機関強盗を想定した模擬訓練が富川農協金融事務所で門別警察署の協力により行われました。
 訓練は、強盗役の警察署員が金融窓口で刃物とペットボトルの液体を見せ「金を出せ!火を付けるぞ!」と威嚇。袋に詰めさせた現金を奪い車で逃走。通報で駆けつけた警察官による犯人の特徴などの事情聴取などを行った。
 訓練終了後、門別警察署生活安全課長からの講評を受け、防犯意識のより一層の向上と日頃の準備の大切さを再確認していました。

富川農協金融機関強盗模擬訓練の写真1富川農協金融機関強盗模擬訓練の写真2

保育所でもちつき開催! 大きな杵で「ぺったん!ぺったん!」

 町内の保育所では、毎年恒例のもちつきが行われました。
 12月6日に行われた日高保育所では、園児達が順番に杵を振り上げ餅をつき、全員で「ぺったん、ぺったん」と声を合わせて応援しました。みんな大きな杵を一生懸命持ち上げ、楽しそうに餅をついていました。
つきあがった餅は、自分たちで丸めてあんこやきなこなどをまぶし、つきたてのおいしいお餅を食べました。
保育所もちつきの写真1保育所もちつきの写真2
保育所もちつきの写真3保育所もちつきの写真

第5回日高管内「こども芸能祭」 日ごろの練習の成果を披露!

 12月1日、日高管内文化団体連絡協議会主催による平成25年度第5回日高管内「こども芸能祭」が門別公民館で開催されました。
 日高管内の子どもたちによる文化(芸能)活動の発表と交流の場として、年に1度開催されており、日高町では初めての開催となりました。
 この日は、10団体約130名が参加し日頃の練習の成果を披露しました。会場には保護者や地域の方々など約350名が訪れ、子どもたちに拍手を送っていました。
第5回日高管内こども芸能祭の写真1第5回日高管内こども芸能祭の写真2
第5回日高管内こども芸能祭の写真3第5回日高管内こども芸能祭の写真4

このページに関するお問い合わせ