ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ
現在地

本文

掲載日
2015年12月25日更新

 

ナラサキライン株式会社様へ感謝状贈呈 公共施設駐車場区画線塗り替え作業を実施

 6月26日、地域貢献活動の一環として公共施設駐車場区画線塗り替え作業を行っていただいた、ナラサキライン株式会社様へ感謝状を贈呈させていただきました。

 ナラサキライン株式会社様へ感謝状贈呈の写真

「第54回宝塚記念(G1)」優勝! ゴールドシップ GI4勝目!

 6月23日、阪神競馬場で開催された中央競馬G1競走、第54回宝塚記念で字賀張の(有)出口牧場生産馬ゴールドシップ号が優勝し、牧場にはたくさんの関係者が訪れて祝福しました。
 ゴールドシップ号は、スタート直後から押し上げ中団をキープし、最終コーナーを回ると一気に抜け出し、後続を3馬身半引き離して快勝しました。これでゴールドシップ号は皐月賞、菊花賞、有馬記念に次いでGI競走4勝目となりました。

ゴールドシップGI4勝目で喜ぶ関係者の写真1ゴールドシップGI4勝目で喜ぶ関係者の写真2

高円宮賜杯野球大会日高地区予選準優勝 日高野球スポーツ少年団が教育長へ報告

 6月22日・23日と様似町を会場に行われた、高円宮賜杯第33回全日本学童軟式野球大会北海道予選会に日高管内の野球少年団9チームが参加し日高野球スポーツ少年団が準優勝し、第42回全道少年軟式野球大会への出場を決めました。
 選手達は、佐々木教育長へ地区予選の結果と7月26日から札幌市(つ・どーむ)で行われる全道大会への出場を報告し、健闘を誓いました。

日高野球スポーツ少年団が教育長へ報告の写真

こども救急講習会を終えて・・「防ぐことの出来る事故から、こどもを守ろう」

 6月20日に、子育て支援センター「わくわく館」と日高西部消防組合消防署とのタイアップ企画として「こども救急講習会」を開催いたしました。
 当日は子育てに奮闘中のお母さんたち17名が講習会に参加していただきました。 今年で4回目となる講習会では、こどもの事故で特に緊急性の高い、「のどに物が詰まった時の対応」と「意識がなくなった時の対応」を中心に、けがの応急手当や熱中症について勉強しました。 また、学校給食の開始に伴い、食物アレルギー発作時に緊急処置として使うペン型の注射器「エピペン」を紹介し、実際に訓練用キットを手に取り実施していただきました。
 講習の終わりにはお母さんたちから多くの質問をいただき、大盛況の内に終える事ができました。 こどもの事故の多くは予防することで防ぐことができますので、みなさんで大切なこどもの命を守っていきましょう。
 また、来年も同じような形で講習会を開催しますので沢山の参加をお待ちしております。何かやって欲しいこと、教えて欲しいことなど要望がありましたら消防署救急救助係までご連絡ください。

日高西部消防組合消防署 救急救助課 救急救助係 電話 01456-2-1521

こども救急講習会の写真1こども救急講習会の写真2

平成25年危険業務従事者叙勲 瑞宝単光章

 第20回危険業務従事者叙勲では、日高町から春芽和男さんが瑞宝単光章を受章されました。
 昭和48年日高西部消防組合発足と同時に消防吏員に拝命されて以来36年余りの永きにわたり消防業務に専念され、豊富な知識と経験、 さらに卓越した指導力をもって消防の育成と強化に努め、消防職団員の技術の向上と士気の高揚に積極的に取り組むとともに、 火災予防の普及と地域防災に尽力されたことは、消防関係者はもとより、住民等しく認め敬意を表すところであり、その功績は誠に顕著であります。

平成25年危険業務従事者叙勲瑞宝単光章伝達式の写真1平成25年危険業務従事者叙勲瑞宝単光章伝達式の写真2

平成25年春の叙勲 瑞宝単光章

 平成25年春の叙勲では、日高町から関本英敏さんが瑞宝単光章を受章されました。
 昭和39年に日高町消防団団員を拝命以来36年余りの永きにわたり、その豊富な知識経験をもって消防力の強化と消防施設の整備充実に努められ、 平成3年4月には分団長に就任し、火災、風水害等の発生に際しては、率先垂範、消火、迅速な判断状況と適切な指揮行動により、被害を最小限に食い止め、 その実行力と責任感旺盛なことは、住民、団員等しく認め敬意を表すところであり、他の模範となる活躍をされました。

平成25年春の叙勲瑞宝単光章伝達式の写真1平成25年春の叙勲瑞宝単光章伝達式の写真2

元門別町議、(故)岩崎俶さんに特別叙勲伝達 3期務め地方自治の発展に貢献!

 平成25年4月12日に86歳で亡くなった元門別町議の(故)岩崎俶さんに、旭日単光章の特別叙勲が伝達されました。
 6月17日に三輪町長が遺族宅を訪れ、勲記、勲章を手渡しました。  岩崎さんは昭和58年5月に当選以来、平成7年4月まで3期12年間町議会議員として在職し、この間、民生常任委員会委員長、総務常任委員会副委員長等の要職を歴任するなど地方自治の発展に貢献されました。

元門別町議(故)岩崎俶さんへ特別叙勲伝達の写真

日高町ウェルカム・ロード美化活動 商工会による歩道内花壇花苗定植作業

 6月14日、日高町商工会により富川西の国道235号線歩道内花壇へ花苗定植及び整備が行われました。
 作業には約30名が参加し、雑草などを取り除き、花苗を均等な間隔に植えていきました。
 日高町商工会の田中建夫会長は「日高町を訪れる観光客にもきれいな町をアピールしたい。門別競馬場に向かう道路なので、きれいに整備し、ホッカイドウ競馬の盛り上がりにつながって欲しい。」と話していました。

日高町ウェルカム・ロード美化活動の写真1日高町ウェルカム・ロード美化活動の写真2

厚賀一致会主催 厚賀地区災害図上訓練(DIG)を実施

 6月9日、厚賀一致会主催の地震・津波災害を想定した災害図上訓練(DIG)が厚賀会館で行われました。
 各地区から約50名が参加し、日高西部消防組合の石谷氏から訓練の説明を受けて、机の上いっぱいに広がった地図に自分の家や避難場所、要援護者宅に印を付けて、最適な避難ルートを確認しました。 その他、非常食の試食や、災害用伝言ダイヤルの使い方、電気・ガスの対応などの説明もあり充実した訓練となりました。

 厚賀地区災害図上訓練の写真

富川元町第1町内会 地震と津波を想定し避難訓練を実施

 6月8日、富川元町第1町内会(降幡治男会長)の避難訓練が行われました。 当日は、強い地震と津波を想定し、避難場所となる富川防災ステーション(旧開発局)へ約40名が避難をしました。長距離の避難となりましたが、子どもやお年寄りも短い時間で避難することができました。訓練後は、参加者全員で町内会のゴミ拾いを行いました。

 富川元町第1町内会の避難訓練の写真

球春到来!ナイター野球始まる!「北海道日高乳業(株)杯」

 6月3日から町営富川球場でナイター野球「北海道日高乳業(株)杯」が8チームが参加して行われました。 まだ肌寒く、霧が立ち込める試合が続きましたが、半年ぶりの感触を楽しむように笑い声が絶えない中、好試合が展開されました。

優勝ドルフィンズ 準優勝おちゃっぴ~ず 3位RECONS

北海道日高乳業(株)杯優勝ドルフィンズの写真

町内の小学校で運動会開催 練習は本番のように、本番は練習のように!

 6月9日から16日にかけて町内の小学校で、運動会が開催されました。
 6月16日に開催された富川小学校では、「あきらめず 心を一つに 楽しもう!!」をスローガンに練習を積み重ねてきました。
 前日の雨で心配されましたが、当日は天候にも恵まれ、児童達は元気に徒競走や玉入れ、綱引きなどのたくさんの競技に挑み、見守る保護者などからは大きな声援が飛んでいました。

富川小学校運動会の写真1富川小学校運動会の写真2富川小学校運動会の写真3富川小学校運動会の写真4 富川小学校運動会の写真5富川小学校運動会の写真6富川小学校運動会の写真7富川小学校運動会の写真8

ひだか木もれび農園で野菜の苗植え 日高保育所・子育て支援センターが実施

 6月5日、「ひだか木もれび農園」で日高保育所と子育て支援センターの子供たちによる野菜の苗植えが行われました。子供たちが自ら体験して食と農の大切さを伝えることを目的として毎年行われています。
 野菜の苗は下村農園(千栄)から寄贈され、保育所の園児23名と子育て支援センターの親子12組28名の計51名で、100平方メートルの畑にさつまいも、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも等を植えました。秋にはみんなで収穫をする予定です。

ひだか木もれび農園で野菜の苗植えの写真1ひだか木もれび農園で野菜の苗植えの写真2ひだか木もれび農園で野菜の苗植えの写真3ひだか木もれび農園で野菜の苗植えの写真4

今年のチャンピオンは? ホルスタイン共進会開催される!

 6月1日、日高町酪農振興会等の主催による「第54回日高町ホルスタイン共進会」が日高町家畜共進会場で行われました。
 町内の生産者が育て上げた自慢の乳牛が出陳し、審査員であるNOSAI日高西部支所人工授精師杉浦伸二郎氏による厳正な審査が行われました。

ホルスタイン共進会の写真1ホルスタイン共進会の写真2ホルスタイン共進会の写真3ホルスタイン共進会の写真4

このページに関するお問い合わせ