ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ
現在地

本文

掲載日
2019年7月26日更新

7月25日(木曜日) 1学期終業式【全学年】

本日は1学期終業式です。

教育委員会生涯学習課長から「3年生は進路に向け準備を進め、1・2年生はしっかりと体を休めてください。」と挨拶がありました。

1学期は主に自然体験を多く授業に取り入れていきましたが、2学期からは各クラスの専門的な授業を中心に取り組んでいきます。

2学期に元気な姿でお会いしましょう。

001

002

7月20日(土曜日) ひだか樹魂まつり【全学年】

日高町で「第48回ひだか樹魂まつり」が開催され、例年、2日間日程で開催されている樹魂まつりですが、今年は1日に凝縮して漫才ステージや花火大会など多くのイベントが行われました。

産業学習では、「日高観光音頭輪踊り」に参加し、町民の皆さんや子ども達と一緒に会場を盛り上げていました。

また、産業学習生で有志を募り、チームで協力して丸太を運ぶ「流走レース」や、のこぎりで丸太を切るタイムレース「木こりさん競争」にも参加していました。

しかし、結果は残念ながら入賞することはできませんでした。来年こそは勝ち進みましょう!!

プログラム終盤の太鼓演奏では、3年生の菊池さん、山本さんが産業学習授業でお世話になっている日高山岳太鼓保存会に加わり、会の一員として出演し、大勢の観衆を前に日頃の練習成果を存分に発揮していました。

保護者の皆さんも来年は是非、お祭りに参加されてはいかがでしょうか?

006

001

005

004

003

002

7月13日(土曜日)~14日(日曜日) こもれび祭【全学年】

本日はいよいよ、教育委員会と高校の共催により、第14回目「こもれび祭」を迎えました。

実行委員長は3年水野くん(岐阜県出身)です

1日目は、バーベキューを囲み、普段お会いできる機会が少ない生徒・教育委員会・高校・保護者の交流会とする前夜祭です。

今年は門別地区見学でお世話になった石崎水産の石崎忠幸氏が寮生活の生徒や道内外から来られる保護者の皆さんにと、「鮭のちゃんちゃん焼き」を振る舞ってくれました。(門別地区見学【1学年】7月2日実施)

教育長も調理に加わり、出来上がったちゃんちゃん焼きに「初めて食べた!」「美味しい!」と大人も生徒も大満足、満腹でした。石崎様、粋な心遣いありがとうございました。

特設ステージでは、オープニングの寸劇、生徒vs保護者、生徒vs教職員等がアームレスリングで会場を盛り上げ、終宴は、体育館の外壁に生徒自主制作の高校・産業学習授業風景のスライドショーが投影され、子供たちの成長していく姿に保護者のみなさんは和やかな表情をされていました。

2日目の本祭は、生徒・関係者が学校祭ロゴプリントTシャツを着用し、一体感を演出。(Tシャツロゴ生徒企画、1年パープル、2年黒、3年白)

焼きそば、フランクフルトなどの模擬店、生徒たちによるステージではダンス・歌などのパフォーマンスや郷土芸能「日高山岳太鼓」など、日頃の練習の成果を発揮し、演者も観客も笑顔あふれていました。

また、寮祭→学校祭と形態は変化しても今日まで続いている「こもれび市」(在校生の出身地ご当地名物を販売します。)は、毎年楽しみにされている一般来場者の方、保護者の方が行列をなし、19地域38種類ほどの品物はあっという間に完売しました。

出品していただいた保護者の皆さま、誠にありがとうございました。

今年も、保護者・地域の方々そしてOB生徒に生徒の成長を見ていただけた学校祭となりました。(生徒一同、礼!!)

001 002

003 004

005 006

007 008

009 010

190714-1  190714-2

7月9日(火曜日) 太鼓練習【全学年】

本日はこもれび祭(学校祭)に向けて、全学年の太鼓練習です。

授業としては最後の練習ということで、音合わせから始まり、配置や動きなどの最終確認をしました。

一年生にとっては、初めてのこもれび祭、4月から太鼓を始めたばかりの生徒が多く大勢の前での披露は初めてとなります。

学校祭に来てくれる保護者や地域の方々によい演奏を披露できるように合間のミーティングを通じ、お互いに意見を交換するなど、こもれび祭に向けて熱が入っていました。
本番まであと5日、この調子で頑張りましょう。

190709-1

190709-2

190709-3

 

7月8日(月曜日) トレーニング 【スキーアスリートコース】

今日のスキーアスリートコースは夏のスキー場ランニングでした。

冬のスキーシーズンにお世話になる日高国際スキー場ですが、夏にもトレーニングのために活用しています。
スキー場でのランニングは「心肺機能の向上」、「不安定な足場や形状を走ることによるバランス能力の向上」や、「傾斜地を下るときの足の置き方」など、スキーに必要なものが身に付きます。

生徒たちは「普段のトレーニングよりキツい」と言いながらも、山頂リフト一つ手前の第三リフト降り場まで登り、達成感を感じていました。

半年後にはスキーシーズンが始まります。
スキーシーズンに成果を発揮できるよう、しっかり体づくりをしていきましょう。

190708-1

190708-2

190708-3

 

7月7日(日曜日) 昆虫観察 【キャリアデザインコース】

本日は日高山脈博物館主催「日高の昆虫観察入門」に参加しました。
講師は「ゆうふつ原野自然情報センター」主宰 村井 雅之 氏です。
普段はひとくくりに「虫」としてあまりいいイメージがない昆虫ですが、この日は村井講師の楽しく奥深い話に聴き入って
おり、野外では小学生以来となる昆虫採集に勤しんでおりました。

見たことがない虫を捕まえると、村井講師に何度も何度も聞きに行ってました。

190707-1

190707-2

190707-3

 

7月5日(金曜日) ハレパネ作成 【キャリアデザインコース写真クラス】

今日は、6月16(日曜日)に開催された日高小学校運動会で撮影協力をした写真をピックアップし、ハレパネづくりをしました。

今年の運動会は、時折、風速20m/sを超す強風により開会式後の競技より体育館内での開催となってしまったため、競技が屋内用競技に縮少され、写真枚数も例年より少ないものとなりましたが、生徒たちは「競技の雰囲気が伝わる写真」や「いい表情の写真」だけでなく、「赤組白組の数のバランス」「全児童が写っているか」等も確認し合いながら写真を選んでいました。

写真選定後は、3年生が主となり写真を貼る位置などを指示、小学生と保護者の方々が喜んでくれるようにと真剣に話し合い作品を作りました。
完成したハレパネは翌日生徒たちから小学校へ寄贈しました。

※ハレパネ
のり付きスチレンボード。発泡スチロールのパネルの片面に粘着材がついており、剥離紙をはがすだけで手軽にポスターや写真などを貼ることができる。

190705-1

190705-2

190705-3

 

 

7月4日(木曜日) 介護職員初任者研修 【キャリアデザインコース福祉クラス】

本日より、日高町民センターにて、キャリアデザインコース福祉・自然学習クラス対象の、介護職員初任者研修が始まりました
今回の研修を実施していただく事業者は門別地区にある株式会社富川グロリアホームです。

研修一回目となる今回は、座学だけでなくアイマスクをかけたまま歩いてみることや、手足を固定することで障がい者の方の疑似体験などを実習しました。
生徒たちは、介護職について今まで知らなかった知識を学び、介護される側の気持ちなども体験することができ、これからも続いてゆく研修に対しモチベーションが上がってきたようです。
研修は12月まで16回開催予定で、最終日に試験を受けて合格すると「介護職員初任者研修」の資格が取得できます。

※介護職員初任者研修

「介護職員初任者研修」は介護実務の入門資格です。この後、「実務者研修」を経て、介護の実務期間3年の後には、国家資格である「介護福祉士」の受験資格を取得することができます。

 

190704-1

190704-2

190704-3

7月4日(木曜日) 町外写真撮影 【キャリアデザインコース写真クラス】

今日は、町内では見ることのできない自然景観を求めて中富良野町までラベンダー撮影に行ってきました。
ラベンダー栽培の歴史や、ラベンダーという名前は総称で、品種によって咲く時期が違い、早い品種は7月上旬、遅い品種では7月下旬が開花時期となっていることなどを学びました。
現地は曇天で、生徒たちは「青空の時に来たかった」と話しながらも、「空と紫色の花畑のコントラストがすてき」と、一面のラベンダーと香りに驚嘆しながら、顔を近づけてかれんな紫色の花の写真を撮影していました。

ラベンダーの撮影後は南富良野町へ移動し、道の駅「南ふらの」で、かなやま湖に生息する体長1メートを超えることもあるサケ科の日本最大の淡水魚イトウを見学しました。

生徒たちは淡水でこれほど大きくなる魚が生息しているということに驚きながら「食べたら美味しいのかな?」など、先日の自然学習で釣り上げた同じサケ科のニジマスやヤマメが美味しかった話で盛り上がっていました。

※かなやま湖
  空知川の上流部にあり金山ダムによってできた人造湖。北海道有数の貯水量を持つ。
※空知川
  北海道上川総合振興局管内および空知総合振興局管内を流れる石狩川水系石狩川支流の一級河川。石狩川の支流の中で最も長く、広い流域面積を持つ。

190704-1

190704-2

190704-3

190704-4

190704-5

190704-6

7月2日(火曜日) 門別地区見学【1学年】

今回の1年生の町内見学は、門別地区です。

初めに北海道日高乳業(株)を訪問し、普段見ることのできない乳製品の製造過程を見学しました。
ここで製造されている「ヨーグルッペ」は町内でも大変好評ですが、関西などの他メーカーからの生産依頼も多く、多くの製品が自社名である日高乳業の名前が出ない状態で大阪などに出荷しているそうです。

大阪から来ている生徒は、日高乳業と名前は付いていない日高町で作られた製品が地元で販売されていることに驚いていました。

次は厚賀漁港へ行き、漁船搭乗体験です。
直前まで雨が降っていましたが、生徒達の願いが通じたのか、現地到着直前に雨が止み、波も穏やかだったので予定どおり船に乗ることができました。
漁船は町内の石崎さん(石崎水産加工場)が所有する船です。

石崎さんは「北海道家庭教育サポート企業等制度」にも協力されているパワフルで優しい方です。

漁船に乗ることが始めての生徒も多く、ゆれる船から落ちないようにしっかりとロープ等を掴みながらも、とてもいい笑顔。
自動車とは違う海の上での時速30kmを体験し、漁師さんから「最近の漁船もハイテクになっていてGPSを駆使した機器が多くなっている。」という話を聞くなど、漁船について知識も広がったようです。

漁船体験後は、石崎水産加工場で「鮭のチャンチャン焼き」をいただきました。
船の上で手間をかけずにちゃっちゃと素早く料理できたからとする「チャンチャン焼き」の由来や作り方などを実際に漁師の方から見聞きした後の食味は格別だったようで、用意してくれた漁師の方々が驚く程の量を食べていました。(チャンチャン焼きの由来は諸説あるようです。)

1年生は、日高地区見学(6月)と今回の門別地区見学を通じて日高町への理解を深めたことでしょう。

190702-01

190702-02

190702-03

190702-04

190702-7

190702-05

190702-06

7月2日(火曜日) 乗馬【3学年】

日高町産業学習では、日高地方の産業である馬産業について知るために新冠町の「にいかっぷホロシリ乗馬クラブ」にて乗馬体験学習を各学年・年1回実施しております。
ホロシリ乗馬クラブでは、かつて競馬で活躍していた元競走馬に騎乗することも出来ます!

今回は3年生の乗馬体験。あいにくの雨模様・・・・・・でしたが、生徒たちは1時間かけて林道をトレッキングする心地よさに産業学習最後の乗馬を心に刻むように楽しんでいました。

馬は人と心を通わせられる動物といわれていますので、馬と一体となること・息を合わせる事を少しでも感じ取ってもらえれば幸いです。

190702-1

190702-2

190702-3

190702-4

7月1日(月曜日) キャニオニング【キャリアデザインコース】

今日は(有)北海道アウトドアアドベンチャーズの指導のもと、昨年度川の増水で実施できなかった「キャニオニング」を行いました。

キャニオニングは壮大な「渓谷=キャニオン」の中で、大自然との一体感とスリルを味わえるリバースポーツです。

今回の舞台は、渓谷の奥底。千呂露川の上流域。
透き通った清らかな水が流れ、緑の木々のトンネル、人間の手が入っていない美しい場所です。

ここで、水の力がつくりだした天然のウォータースライダーを滑って遊んだり、大きな天然プールに飛び込んで泳いだりしながら、普段味わえない時間を過ごし、終始笑顔で楽しんでいました。
1・2年生の生徒は「初めてのキャニオニングで不安もあったけど、いざ始まってみるととても楽しかった」と日高の自然を満喫していました。

190701-1

190701-2

190701-3

190701-4

190701-5

このページに関するお問い合わせ