ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ
現在地

本文

掲載日
2019年7月8日更新

6月26日(水曜日)日高地区見学【1年生】

本日は1年生の日高地区見学です。
今年度もひだからエコツアーガイドの皆様にご案内していただき、郷土資料館やお寺、寺子屋跡地等を巡り、日高地区開拓の歴史を学習しました。

生徒たちは古い建物や樹齢300年を越える樹木に感激をしつつ、歴史の長さを感じ、これからの高校生活を過ごすことになる町内についての理解を深めていました。

来月は、門別地区見学です。

190624-1

190624-2

190624-3

190624-4

190624-5

190624-6

 

6月21日(金曜日)書道【1年生】

今回の書道は「篆刻印(てんこくいん)」作成です。
講師は、産業学習講師2年目、町内在住の高等師範免許をお持ちの今悦子先生です。
さて、「篆刻印」とは、書画作品に落款(サイン)として押印するもので、通常の書体と「止め」「跳ね」の筆遣いが異なります。
初日は、印面のデザイン創作!書体を4種類の中から選び、次に自分の名前を一文字ずつ半紙に書いていきます。先生の指南を受けながら、いつもと違う筆運びで書き上げた文字は独創的な仕上がりとなりました。
書道にも自由で遊び心がある一面に触れた生徒たちは、授業の後半でそれぞれの作品(名前)を鑑賞・評価しあいながら、世界で一つだけの手作りハンコの一文字、それが自分の名前一文字から選ぶのですから楽しいながらも慎重でした。
次回(8月予定)は、印面に文字を刻みます。

190621-1

190621-2

190621-3

 

6月20日(木曜日)インターンシップ【キャリアデザインコース】

日高町産業学習では、インターンシップ(就業体験)をカリキュラムに取り入れています。
体験先は、町内事業所から国立日高青少年自然の家・びらとり農業協同組合日高支所・(株)日高高原荘・日高西部消防組合日高支署などを予定しています。
このインターンシップでは、職業観を培うことや卒業後の進路選択の補助となることが主たる目的ですが大学生とは違い高校生ですので、産業学習生の取り組みとしては、社会人としてのマナー、異なる年齢の人と話す力を養うこと、学校の学習と職業との結びつきを考えられるようになってほしいことも大切な目的でもあります。
初回は、土井敦子さんを講師に迎え、社会人の基本的マナー「挨拶」「時間管理」「仕事への心構え」などを教えていただきました。
次に取り組んだことは、生徒たちが自ら選択した訪問先への依頼書の作成です。
講師から、基本事項として文書の書き方や丁寧な文字で書くことの説明があり、インターンシップで学びたいことや意欲を中心にして文書を作成しました。
パソコン・電子メールが主流となっている近代で、何度も書き直す手書き文書は、貴重な経験になったことでしょう。
それぞれに不安・緊張・意欲を抱えて実体験するインターンシップは9月です。

190620-1

190620-2

190620-3

 

6月18日(火曜日)トレーニング 【スキーアスリートコース】

今日のスキーアスリートコースは、体幹トレーニング中心のプログラムを行いました。
講師は、日本トップクラスのスキー選手にも指導をおこなっている名トレーナーの工藤貴彦さん(鍼灸サロンビーグラン/札幌市)です。工藤さんには毎月スキーのためのトレーニングメニューを組んで指導していただいています。
体幹トレーニングでは、バランスを保つための多様なプログラムの中、普段からしっかりトレーニングをしている2・3年生は余裕(?)でしたが、2年生数人と1年生は「きつい・・・ッ」と歯を食いしばり苦しそうな表情。講師から「トレーニングは辛くて当たり前!」の叱咤激励を受けて、コース生徒たち全員、来るシーズンに向けて己の鍛錬に意欲的に取り組んでいました。

190618-1

190618-3

190618-4

190618-6

190618-7

 

6月13日(木曜日)写真撮影 【キャリアデザインコース写真クラス】

今日は「一瞬を止める」をテーマにフィールドワークです。
講師は、外部講師5年目の石黒誠さんです。(写真家/富良野市)
テーマに沿って、午前は町民センターの白壁を背景にして生徒自ら体張っての躍動、午後は町内を流れる沙流川*を舞台に自然が作り出す水しぶき等が被写体です。
動きのある被写体を撮影するためのシャッタースピード・絞りの調整・撮影のタイミングやアングルなどの技術を学びました。
それにしても、白壁フィールドでの文科系とは思えないジャンプの高さ、壁を登頂しているような構図(石黒講師も登頂しています!)、面白い写真が撮れました。

沙流川*

日高山脈日高町域内を源流として日高町日高地区河口から平取町~日高町門別地区~太平洋に注ぐ一級河川

190613-1

190613-2

190613-3

 

190613-5

 

 

6月11日(火曜日) 赤岩青厳峡ツアー 【キャリアデザインコース】

今日は、自転車で占冠村の赤岩青厳峡へ行きました。

晴天の中、往路は国道274号を走行、途中厳しい坂道もありましたが普段のトレーニングで鍛えた体力と忍耐力で走り切りました。

現地ではほとんどの生徒が魚釣りをして、ニジマスやヤマメ等を釣り、魚釣り終了後は、釣った魚を自分達で調理し「から揚げ」を作りました。
大自然の中で食べる自分たちで釣った魚はとても美味しかったようです。

復路は国道237号を走行、生徒たちも疲れていたため、上り坂では何度か休憩をしましたが往復およそ35kmを完走しました。

190611-1

 

190611-2

190611-7

190611-3

190611-4

190611-5

190611-6

6月5日(水曜日)  避難訓練【全学年】

今日は、日高高校寮での避難訓練が行われました。

訓練は食堂厨房から出火という想定で、生徒達は「消火班」「誘導班」「連絡班」に分かれ、初期消火から避難誘導まで生徒主体で行い、全員の避難まで数分程度で全員無事に避難することができました。

避難後の消防の方からの講評では、「火災の未然防止」「通路に物品を置かない」など改めて生徒へ注意喚起がなされ避難訓練は終了しました。

 

190605-1

190605-2

190605-3

6月1日(土曜日)~2日(日曜日) ボランティアセミナー【キャリアデザインコース】

2日間にわたり開催された国立日高青少年自然の家主催の教育事業「ボランティアセミナー」に参加しました。

セミナーには産学生のほか、大学生27人、一般の方1名が参加しました。

1日目は、ボランティア活動の意義や心構えを学び、レクリェーション演習ではセミナー参加者とコミュニケーションの必要性を楽しく体験し、野外炊事ではまき割りや料理づくりなどで野外活動に必要な知識や技術を考え、実践する演習となり、また、夜間の講義では北海学園大学生のボランティアから活動の実体験を聞きました。

2日目は、緊急時や救命救急に必要な知識・技術、青少年の発達段階に応じた体験活動の必要性を学びました。

生徒達は、各プログラムに刺激を受けたようで、初対面の方たちと意欲的に参加し、コミュニケーション能力の大切さ楽しさをより一層学んだのではないでしょうか。

190601-1

190601-2

190601-3

190601-4

190601-5

190601-6

190601-7

このページに関するお問い合わせ