ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ
現在地

本文

掲載日
2015年12月25日更新

7月29日(晴れ)収穫シーズン

畑の写真
なすの写真
なす

今日は最高気温は29.1度。
ここ数日間涼しかったのでとても暑く感じる1日でした。
農園では、次々と作物の収穫が始まっています。

今年は、ナスやピーマンなどがいい結果となっているようです。
ナスは高温を好み乾燥を嫌いますのでたっぷりと水をあげてください。
また、日当たりも好むので葉が混んできたら混んでいる葉を取り除くといいです。

また、先週末の風でとうもろこし等が多少倒れているところがあります。
甘長とうがらしの写真
甘長とうがらし

7月25日(晴れのち曇り)今週末は日高地区最大のイベント『樹魂まつり』

落花生の花の写真
落花生の花

今朝は最低気温が高く、朝の最低気温は20.6度。
最低気温が20度以上だったこともあり、暖かい朝でした。(最高気温は26.5度)
今週末は日高地区最大のイベント『樹魂まつり』が開催されます。
様々なイベントや花火大会などをおこないますので是非お越しください。
樹魂まつりの詳細は⇒こちら〔PDFファイル1.32MB〕

7月23日(曇り)1週間ぶりの雨、作物はどんどん大きく

畑の写真
とうもろこしの花の写真
とうもろこしの花

今日は最高気温は23.2度。
気温は低いのですが雨降りなので蒸し蒸しした一日でした。
今日は、久しぶりの雨です。
雨が降り、その後気温があがると作物は一気に成長します(雑草も成長しますが・・・)
農園では、とうもろこしの花が咲き、大豆も白い花が咲いてきています。
(農園で利用者に配布している大豆『たまふくら』は晩成種なので枝豆になるのも遅めです。)
  
ナスや大根などがどんどん収穫できている今日この頃、これからの収穫も楽しみです。
また、今日は、農園内でアオダイショウを発見しました。
農作物を荒らすネズミなどの動物を駆除してくれる『いい生き物』なのですが、敷地外に移動してもらいました。
アオダイショウの写真
アオダイショウ

7月17日(晴れ)ネギが倒された

畑の写真
倒されたねぎの写真
倒されたねぎ

今日は最高気温は30度。
午前10時で27度を超え、久しぶりの真夏日でした。
今週に入り、農園では一部の圃場で『ねぎ』、『たまねぎ』、『とうもろこしの苗』が地面すれすれから切り倒される事例が発生。
犯人は下の写真の通称『ネキリムシ』。(正式名称は『カブラヤガ』か『タマナヤガ』の幼虫です)

昼はねぎなどの根元の土の中にいますが、夜になるとその作物を下の部分から切り倒してしまう『悪い虫』です。

放置しておくとどんどん被害が広がるため早めの対処が必要になります。
農業改良普及センターでは大きくなって薬の利きにくい幼虫にも効果があると『ネキリエース』を勧めていました
ネキリムシの写真
実際はもう少し濃い色に見えます

7月14日(曇りのち晴れ)ピーマンとトウガラシ

畑の写真
甘長トウガラシの写真
甘長トウガラシ

今日は最高気温は27度。
午前中は涼しかったのですが午後から一気に気温が上がりました。
農園では、色々な作物の収穫が始まっています。
今日は、トウガラシとその仲間について掲載します。
トウガラシは辛いイメージが強いですが、この辛味の原因は『カプサイシン』という辛味成分です。
カプサイシンは辛味の指標である「スコヴィル辛味単位」の基準物質として使用されています。
また、トウガラシには辛味種と甘味種があり、実は辛くないトウガラシの仲間もあります。
『ピーマン』や『パプリカ』、『ししとう』などが辛くないトウガラシの代表格です。
外にも『甘長トウガラシ』といった左の写真のようなまったく辛味の無いトウガラシもあります。
このトウガラシ、食用以外では、凍傷対策や、防虫対策として使われています。

    7月11日(晴れのち曇り)蒸し暑い一日

畑の写真
たまねぎの写真
たまねぎ

今日は最高気温は28.8度。
台風の影響なのか、とても湿度が高く、気温以上に暑く感じる一日でした。
農園では、気温も高く雨も降ったりしているため作物が順調に成長しています。(雑草もそれ以上に成長していますが・・・)
今日は、タマネギについて掲載します。
玉ねぎは、常温で長期保存が可能な、栄養たっぷりの野菜です。
農園では苗を植えた後は、除草をしっかりおこなっていれば大きなタマネギが収穫できます。
さて、このタマネギ、食用にする『球状』の部分は『根』でも『茎』でもなく実は『葉』です。
『葉』が養分を蓄え、重なり合って玉になっています。(芯の部分は『茎』です、また、ペリペリはがれる部分は1枚づつだと鱗葉、玉全体で鱗茎といいます)
落花生の花の写真
落花生の花

7月8日(晴れ)久しぶりの真夏日

畑の写真
イチゴの写真
いちご

今日は最高気温は30.2度。
6月4日の32.7度以来、約1ヶ月ぶりの真夏日になりました。
農園ではイチゴがたくさんなっています。
利用者の方が自由に取れるところにあるので農作業後のちょっとしたデザートにでもいかがでしょうか?
農園利用者で場所がわからない方は連絡ください。
農作業をされるときは熱中症に気をつけてください。
熱中症の予防のためにも帽子をかぶり、こまめに水分をとるなどして体調管理に気をつけてください。
クロスズメバチの写真
クロスズメバチを退治しました。

7月7日(晴れのち曇り)実は『根じゃない・・・・

久しぶりにザビー登場の写真
久しぶりにザビー登場

はつか大根の写真
はつか大根

今日は最高気温は26度、昨日は夏日にならなかったのですが、今日は夏日となり、ほぼ平年並みの気温となっています。
先日『じゃがいも』は芋じゃないという話を掲載しましたが、今日は、『はつか大根』の話を掲載します。

『はつか大根』
『ラディッシュ』ともいい、『大根』の仲間で、主な料理方法はサラダや漬物です。
この食用になる部分、実は『根』ではなく『茎』です。(正確には『胚軸』といいます)
『実際の根』は本体の下、細い根が出始めたところからが『根』になります。
ほかには、大根も上の緑色になる部分は『茎』です。
落花生の花の写真
落花生も花が咲き始めました

7月4日(晴れのち曇り)実は『茎』・・・じゃがいもの話

畑の写真
じゃがいもの花
じゃがいもの花

今日は最高気温は27.2度、10日連続の夏日となっています。
農園では、ジャガイモがあちこちで花を咲かせています。
簡単にできる作物として有名なジャガイモですが、実はイモではありません。
イモとは、サツマイモのように根がふくらみ大きくなるものをいいますが、ジャガイモは『地下茎』とよばれる『茎』です。
その証拠に『茎』なので日が当たるとイモが緑色になってしまいます。
ジャガイモは茎や芽の部分には『ソラニン』という毒素を持っているのですが、じゃがいもも『イモが緑色になる』とその部分にもソラニンを作り出してしまいます。
ジャガイモを栽培される際には頻繁に土かけをおこない、イモが地面から出てこないようにしましょう。
それでも、緑色になってしまったときは緑色の部分は取り除いてから食べましょう。
ピンクのバッタの写真
今年もピンクのバッタが登場

7月2日(晴れ)1個目の茄子

畑の写真
なすの写真
茄子も実をつけ始めました

白い部分が今日伸びたところです。
今日は最高気温は28.2度、7月に入り昨日に引き続き暑い日が続いています。
農園では、作物が順調に育ってきています。
今日はそろそろ実をつけ始めた『茄子』について掲載します。
茄子は、主に『苗』で入手することがほとんどで、育てやすく6月下旬から順に実をつけ始め、10月まで長期間収穫できることから人気の高い作物です。
元々は南方が原産地なので高い温度と日当たりのよい場所を好みます。
また、水をたくさん必要とするのでこまめな水遣りが必要になります。
栽培のコツとしては、『たっぷりの水』と『1つ目にできる茄子は小さいうちに取ってしまう』ことです。
1つ目の茄子を小さいうちに取ってしまうことでその後の成長がよくなります。
ハスカップの写真
ハスカップも実をつけています

農業体験日高こもれび農園 
information
日高こもれび農園
〒055-2315
北海道沙流郡日高町字富岡382番地3
Tel.01457-6-2024
Fax.01457-6-3981

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ