ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
背景
文字サイズ
現在地

本文

掲載日
2015年12月25日更新

10月31日(晴れのち曇り)今日はハロウィン

PRの様子の写真
PRの様子
ハロウィンカボチャの写真
 農園はどんどん寒くなり、冬も近づいているなと感じる日々です。
 今日は、ハロウィン。
 こもれび農園で作ったハロウィンカボチャでランタンを作り、保育所へプレゼント。
 色々なランタンに子供たちは喜んでいました。

お知らせ

今日で農園の水道が止まりました。

10月28日(曇り)『ししゃも祭り』で農園のPR

PRの写真
PRの様子
当日配布物一覧(PDFで開きます)

 今日は、日高町門別地区で行われた『ししゃもまつり』へ農園のPRのためにハロウィンカボチャとさつまいも、落花生をもって行きました。
 当日は強風のため、ランタン作りのコーナーはイマイチでしたが、落花生、さつまいもは物珍しさもあり、賑わっていました。
 購入された方々からは『生の落花生ははじめて見た』、『北海道でもサツマイモができるんだね』といった声が聞かれました。
 来年の農園の利用をお待ちしています。

10月25日(晴れのち曇り)農園はキノコの時期

たまふくらの写真
たまふくらの収穫
ハタケシメジの写真
ハタケシメジ
   
 今日は、夜中から朝まで気温が1度~2度の間という『一晩中寒い日』でした。
  
 農園では、試験圃場に作付けしていたタマフクラの収穫が行われました。
 また、農園のシイタケがようやく出てきています。
 今年は、9月末まで暖かかったためか発生が遅いです。
 この時期のシイタケは虫も入らないため『干ししいたけ』に適しています。
 他には、農園の敷地内に『ハタケシメジ』が発生しています。
 『ハタケシメジ』はさっぱりした食感のキノコなので味噌汁やまぜご飯など幅広く調理できます。
 
シイタケの写真
          シイタケ

10月19日(晴れのち曇り)試験圃場の『サツマイモ』も収穫

サツマイモの写真
サツマイモの収穫  
 今朝は今シーズン初の氷点下、マイナス0.5度まで気温が下がりました。
 
 農園では、試験圃場に作付けしていたサツマイモの収穫が行われました。
 今年は、去年より9月末まで暖かかったためか、例年より大きなイモが育っていました。

お知らせ

  農園の水道は凍結防止のため
  10月31日に停止します。

10月17日(曇り)10月の農園行事『サツマイモ』収穫

サツマイモの写真
なかなか抜けないサツマイモ
農園行事の写真
イモが見つかるたびに歓声が  
 今日は最低気温が2.1度まで下がりましたが、雨の天気予報が外れ、曇り空の一日でした。
 
 農園では、日高保育所・子育て支援センターの園児により、9月に行った収穫の第二段としてサツマイモの収穫が行われました。  
 この取り組みは、子供たちが自ら体験することで食と農の大切さを伝えることを目的としていて、6月に植え付けを行ったものを収穫しました。
 園児は1歳児~6歳児28名、子育て支援センターが子供13名、大人10名で、大きく育ったサツマイモの収穫を行いました。
 
 子供たちはひとつ見つかるごとに大きな歓声をあげ、楽しそうに収穫していました。
  サツマイモの写真
   おおきなサツマイモに大喜び

10月12日(晴れ)産地ならではの『茹で落花生』

快晴の写真
朝から快晴
ためし掘りの写真
一部ためし掘り
落花生畑の写真
落花生畑
 今日は最低気温7.7度、最高気温は16.7度と平年に比べ、暖かい朝となっています。
 農園は、サツマイモと落花生が収穫時期を迎えています。
 落花生は、読んで字のごとく「落ちた花から発生」します。
 今日は、産地ならではの「茹で落花生」を紹介します。

  1. まず、収穫した落花生を洗います
    (落花生同士をこすりあわせるように)
  2. お湯を沸かし、塩を入れます。
    (海水より濃い目に入れます)
  3. 落花生を投入します。
    (30分程度ゆでます。)
    (試食してみて好みの硬さにします)
  4. ざるにあげ水を切ります
    (茹でたてが美味しいです)
  5. 殻をむき食べる
    (食べ過ぎに注意しましょう)

注意点

 茹で加減は『硬めに茹でる』ことをお勧めします。
 (一般的には「柔らかめに茹でる」らしいのですが、以前試食イベントを行った結果は「硬め」に茹でたものが、とても評判がよかったです。)
 お好みに合わせ茹でてください。
 圧力鍋を使用すると茹で時間が短縮できますが、「硬さ」の調節が非常に難しいです。(初めての方にはお勧めできません)
 茹でた落花生は冷凍すると長期保存ができます。(出来たてよりは風味が落ちますが・・・)

10月9日(晴れ)霜が降り、サツマイモの収穫時期

快晴の写真
朝から快晴
サツマイモの葉の写真
霜にやられたサツマイモの葉』
 今朝の気温は4.3度。
 霜は降りなかったですが、今朝も冷え込みました。
 農園は、昨日の霜でサツマイモの葉や落花生の葉等が黒く変色しました。
 サツマイモは収穫時期になっても葉が枯れることはないのですが、日高では、この時期に霜が降りるため、霜により葉が痛んだときが収穫の目安となります。
 今年は、先日試験掘りをしたものも順調に生育していたため収穫が楽しみです。
 
 また、今日は、日中暖かかったためタンポポが花を咲かせていました。
  タンポポの写真
     季節外れのタンポポ

10月8日(晴れ)キャンプ場でハロウィンランタンづくり

天気の写真
今朝は今期一番の冷え込み
作業風景の写真
作業風景
 今朝は朝の最低気温が2.5度。
 農園では霜がおりました。
 今日は、日高沙流川オートキャンプ場で、キャンプ場利用者向けのイベントとして、農園産のハロウィンカボチャを使用したハロウィンランタン作成体験が行われました。
 このイベントは毎年キャンプ場で行っているイベントで、この日宿泊していたキャンプ場の利用者が無料で体験できるイベントとなっています。
 
 今年は、親子連れなど20名以上の方々が悪戦苦闘をしながらも、楽しく賑やかにハロウィンランタンを作成していました。
  ハロウィンランタンの写真
     立派なハロウィンランタン
      ができあがりました。

10月5日(曇り)ハロウィンランタン(ジャックランタン)づくり

ハロウィンランタンの収穫の写真
ハロウィンランタンの収穫
ハロウィンランタンの写真
出来上がった『ハロウィンランタン』
 今日は最高気温は18.7度とこの時期にしては少し暖かく、最低気温は5.7度と通常のこの時期らしい気温でした。
 しかし、今年は暖かめの気候なため、とても寒く感じる朝でした。
 農園では、ハロウィンカボチャの栽培を行っています。
 今日は、8日月曜日に沙流川オートキャンプ場で行われる『ハロウィンランタン作り』のための収穫を行いました。
 農園利用者でハロウィンランタン作りを体験してみたい方は連絡を下さい。
(今年のハロウィンカボチャは、密植をし、小さめに育ててあります)
 また、明日土曜日は道の駅で味覚フェアが行われます。
 日高町でできた新米の試食なども行っていますので是非お越しください。
  さつまいもの写真
     さつまいもも順調です。

10月2日(晴れ)赤いピーマン

ピーマンの写真
赤いピーマン
ピーマンの写真
よく見るピーマン
 今日は最高気温20.5度、最低気温10.5度と9月末の暑さもうそのようにこの時期らしい涼しさとなっています。
 農園では、次々と収穫が進んでいます。
 今日は、ピーマンの話題です。
 ピーマンと言えば緑色のイメージがありますが、実は、緑色は未成熟の果実です。
 なので、成熟すると赤色になります。(『カラーピーマン』は『ピーマン』ではなく『パプリカ』です)
 ピーマンは唐辛子の仲間なので、唐辛子をイメージすればわかりやすいと思います。
 
 なので、赤くなっても食べることができます。
 赤くなったピーマンは熟しすぎると食味が落ちるけど、赤くなったすぐのピーマンは苦味が減ります。

農業体験日高こもれび農園

information
日高こもれび農園
〒055-2315
北海道沙流郡日高町字富岡382番地3
Tel.01457-6-2024
Fax.01457-6-3981

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ