ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Menu
  1. トップページ
  2. 分類でさがす
  3. 観光情報
  4. 観光情報
  5. 観光情報
  6. 日高町の馬の歴史

本文

日高町の馬の歴史

明治

 明治14年、沙流郡波恵における岩根牧場は民営牧場として道内では第一号である。波恵(現在の豊郷)に開設され、大いに産馬の改良増殖に貢献した。特に、道有種馬「アルゼリー」の貸与を受けてそれを改良するなど、門別馬の名声を轟かせたのである。当時の馬種は中半血種ノルマン系、トロッター種系が多く見られた。
 明治27、28年の日清戦争には多数の軍馬が徴発され、馬格改良も徐々に進行し、いっそう「馬産門別」の名声を決定付けることとなった。
 馬産として沙流郡が最も多かったのは、古来日高の関門として、陸上交通の要衝であったことから、自然馬の飼育も多かったことがその主因であろう。さらには、岩根静一が波恵に牧場を開設し、大いに馬産の改良・増殖を図ったことも見逃せない。こうして、門別馬の名声を内外に早くから響かせたのである。
 日高の馬産は当時、道路が完備されていなかったころ、もっぱら駄馬の供給地として発足し、時勢の推移にしたがって軍馬の生産、競走馬の飼育に重点が置かれるようになっていった。

戦前

 第一次世界大戦以降は、軍馬の育成に力が入れられ、この時期にはアングロノルマン系中間種の小挽馬の飼育が多かったのである。当時、府県の投資家や企業家は、北海道の土地に対する投資欲が高かったことから、これらの投資家が牧場経営に参画することとなった。  気候風土に恵まれ牧場経営に最適であることから明治42年の統計でも、門別村の飼養頭数は2,432頭、産頭数583頭となっており、経営は順調な展開をみたことになる。
 生産物の搬出搬入や生活必需品の運搬などには馬は欠くことのできない重要な輸送手段であった。やがて開拓が進み、耕地面積が拡大していくにつれて、農耕馬としての需要はますます高まっていきったとみられる。また、畑地規模が大きくなるにつれ、大型のペル系やアングロノルマン系を種馬とした挽馬が育成されるようになった。
 大正7年以降の経済不況によって、長い間下落を続けた馬価格も日中事変勃発により軍馬需要は急増し、価格も高騰したことから、馬生産者は軍用向けの生産に大きく傾斜せざるをえなかった。

戦後

 明治期から農耕や運搬に使用されてきた中間種やペル系種の農用馬は昭和40年代頃から耕運機などの導入による機械化により農用馬としての役割に終わりを告げ、農家の保有数及びその数は急速に減少していった。
 敗戦と同時に将来を絶望し、戦前には高く売れたサラブレッドであっても飼養頭数の多くを手放し、繁殖牝馬の入手が極めて困難を来たした。やがて、昭和26~27年頃から軽種馬の増加が見られ、急速に育成され始めたのは30年頃からである。
 軽種馬は、投機的傾向から安定的傾向に移り変わり、競馬場におけるレジャー隆盛とともに軽種馬需要が増大するなかで、軽種馬に切り替える生産農家が増加した。門別町(現在の日高町門別地区)が軽種馬の一大産地となったのには、この地方が地理的、気候的に最適であったばかりか戦前期から飼養技術や伝統を持っていて種牡馬の選定、市場条件にきわめて有利であったからである。馬産地帯は海岸線に沿って発達した海岸段丘と河川付近の沢沿いの平坦部、特に海寄りの地帯に多く展開していった。
 門別町における軽種馬の導入は日高管内では遅い方に属し、昭和40年頃から増加が見られ、水田転作の強化とともに加速し、競走馬の大衆娯楽化傾向に支えられ競走馬の需要が増大し、農業租生産額や頭数規模、さらには土地利用においても軽種馬主体の生産構造となっていった。しかしバブル経済の崩壊とともに競馬ブームが後退しはじめ、生産過剰な状態となり、飼養頭数は減少し続けている。
 平成13年度軽種馬飼養頭数 3,049頭(資料:2004日高の姿)
 平成13年度農業産出額 74億8,000万円(資料:2004日高の姿)

参考資料:新門別町史