○日高町農業委員会委員定数条例

平成18年3月1日

条例第181号

(目的)

第1条 この条例は、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)の規定に基づき、日高町農業委員会(以下「委員会」という。)の委員の定数等に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(委員の構成及び委員の定数)

第2条 委員会の委員は、選挙による委員及び選任による委員とし、非常勤とする。

2 法第7条第1項及び農業委員会等に関する法律施行令(昭和26年政令第78号。以下「施行令」という。)第2条の2による委員会の選挙による委員の定数は、9人とする。

3 法第12条第1号による委員会の選任による委員の定数は、次のとおりとする。

(1) 門別町農業協同組合が推薦した者 1人

(2) びらとり農業協同組合が推薦した者 1人

(3) 新冠町農業協同組合が推薦した者 1人

(4) 日高地区農業共済組合が推薦した者 1人

(5) 農業委員会等に関する法律施行規則(昭和26年農林省令第23号)第8条第3号の規定により、日高門別土地改良区及び沙流土地改良区が協議して1を限り定めた土地改良区が推薦した者 1人

4 法第12条第2号による委員の選任による委員の定数は、1人とする。

(選挙区の設定)

第3条 法第10条の2第2項の規定により、選挙区を設ける。

(選挙区の区域)

第4条 選挙区及びその区域は、次のとおりとする。

(1) 第1選挙区 合併前の日高町の区域

(2) 第2選挙区 合併前の門別町の区域

(選挙区ごとの委員の定数)

第5条 各選挙区において選挙すべき委員の数は、次のとおりとする。

(1) 第1選挙区 1人

(2) 第2選挙区 8人

附 則

この条例は、平成18年3月1日から施行し、この条例の施行後最初に行われる一般選挙から適用する。

附 則(平成22年5月10日条例第19号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年9月20日条例第20号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行し、この条例の施行後最初に行われる一般選挙から適用する。

(経過措置)

2 前項に規定する一般選挙までの間の日高町農業委員会委員の選挙による委員及び選任による委員の定数は、なお従前の例による。

附 則(平成26年12月30日条例第34号)

この条例は、平成27年2月1日から施行する。

日高町農業委員会委員定数条例

平成18年3月1日 条例第181号

(平成27年2月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成18年3月1日 条例第181号
平成22年5月10日 条例第19号
平成23年9月20日 条例第20号
平成26年12月30日 条例第34号