○富川青少年会館条例施行規則

平成18年3月1日

教育委員会規則第35号

(趣旨)

第1条 この規則は、富川青少年会館条例(平成18年条例第105号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(開閉時間)

第2条 会館の使用時間は、15時から21時までとする。ただし、土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日については、9時から21時までとする。

(休館日)

第3条 会館の休館日は、次のとおりとする。ただし、館長が特に必要と認めたときは、教育長の承認を得て休館日を変更し、又は臨時に休館することができる。

(1) 月曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日が月曜日に当たるときは翌々日)

(2) 国民の祝日に関する法律に規定する休日の翌日(その日が日曜日に当たるときは翌々日)

(3) 12月31日から翌年1月5日まで

(使用の範囲)

第4条 条例第4条第3号に規定する「その他教育委員会が適当と認めたもの」の範囲は、次のとおりとする。

(1) 町又は教育委員会が主催し、又は共催する行事

(2) 学校教育、社会教育活動

(3) 町文化協会加盟団体の行事

(4) 社会奉仕活動団体の行事

(5) 葬祭(他の公共施設が利用できない場合に限る。)

(使用料の減免)

第5条 教育長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用料を免除することができる。

(1) 日高町及び教育委員会が主催する行事、事業等のために使用するとき。

(2) 町内の中学生以下の者及びこれらの者で構成する団体が使用するとき。

(3) 町内の高校生の部活動のために使用するとき。

(飲酒行為の禁止)

第6条 何人も会館内において飲酒行為をしてはならない。

(個人の使用)

第7条 個人で使用する場合は、使用申込簿により館長の承認を得なければならない。

(団体の使用)

第8条 団体で使用する場合は、使用日5日前までに使用許可願(別記様式)を館長に提出し、その承認を得なければならない。

(職務)

第9条 館長は、会館の管理運営に関し、必要な事務を行い、所属職員を指揮監督し、施設及び設備の保全に努めなければならない。

第10条 職員は、上司を補佐し、指揮を受けてその職務に従事する。

(嘱託指導員)

第11条 嘱託指導員は、会館を利用してスポーツ等を行う青少年を指導するものとする。

2 嘱託指導員は、スポーツの種目ごとに(若干人とし)教育委員会が委嘱する。

3 嘱託指導員の任期は、2年とする。ただし、再任することができる。

(その他の事項)

第12条 会館の管理運営について、この規則のほか必要な事項は、館長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の門別町青少年会館条例施行規則(昭和44年門別町教育委員会規則第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成21年3月25日教委規則第8号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日教委規則第6号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

画像

富川青少年会館条例施行規則

平成18年3月1日 教育委員会規則第35号

(平成26年4月1日施行)