○工事等に係る発注見通しに関する事項の公表について

平成18年3月1日

各課長・部局長あて技術審議室長通達

公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(平成12年法律第127号。以下「法」という。)の趣旨を踏まえ、工事等に係る発注見通しに関する事項について、下記のとおり公表することとしたので、その取扱いについて遺憾のないようにしてください。

1 公表対象工事等

次に掲げるものとする(公共の安全と秩序の維持に密接に関連するものであって、町の行為を秘密にする必要があるものを除く。)。

(1) 法第2条第2項に規定する公共工事(以下「工事」という。)で、その予定価格が130万円を超えると見込まれるもの

(2) 設計、測量、地質調査その他の工事に係る委託業務(以下「委託業務」という。)で、その予定価格が130万円を超えると見込まれるもの

2 公表事項

(1) 種別

(2) 工事(委託業務)名称

(3) 工事(委託業務)場所

(4) 工事(委託業務)概要(当初、変更)

(5) 発注予定時期(当初、変更)

(6) 工期(業務期間)

(7) 入札及び契約の方法

3 公表時期

第1四半期 4月1日(当該日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たる場合は、その翌日。以下この項において同じ。)(4月~6月発注分)

第2四半期 6月1日(7月~9月発注分)

第3四半期 9月1日(10月~12月発注分)

第4四半期 12月1日(1月~3月発注分)

なお、補正予算等により新規の公表事項及び変更が生じた場合は、遅滞なく公表するものとする。

4 公表方法

閲覧場所は、「技術審議室」及び「施設農林課」とし、別記様式により閲覧に供するものとする。

5 公表期間

当該公表の日から当該年度の3月31日まで、公表するものとする。

6 公表した内容に関する問い合わせの取扱い

(1) 公表した事項について問い合わせに対しては、閲覧の方法により公表している旨を伝えるものとする。

(2) 公表していない事項についての問い合わせに対しては、応じないものとする。ただし、当該事項が他の定めにより公表されている場合にあっては、その旨を伝えるものとする。

7 留意事項

(1) この通達により公表の対象となる事項が法令等の規定により公表することができないものとされている場合にあっては、一部公表しないことができる。

(2) 公表の対象とならない工事等にあっても、契約を締結する部局長等長が公表の必要があると認めるときは、公表を妨げるものではないこと。

画像

工事等に係る発注見通しに関する事項の公表について

平成18年3月1日 種別なし

(平成18年3月1日施行)

体系情報
第6編 務/第4章
沿革情報
平成18年3月1日 種別なし