○日高町職員表彰規則

平成18年3月1日

規則第31号

(目的)

第1条 この規則は、当町の永年勤続した職員及び模範優良職員を表彰し、全体の奉仕者たる職員の誠実な職務の遂行を助長し、地方自治の確立伸長を期することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において職員とは、特別職を除く職員をいう。ただし、臨時雇用人及び常時勤務に服しない者を除く。

(表彰)

第3条 職員が次の各号のいずれかに該当する場合は、これを表彰する。

(1) 勤務成績が特に優秀で他の模範となるとき。

(2) 職務に精励し、勤続30年に達したとき。

(表彰の種類)

第4条 表彰の種類は、次のとおりとする。

(1) 模範表彰 前条第1号の表彰をいう。

(2) 勤続表彰 前条第2号の表彰をいう。

(表彰の方法)

第5条 表彰は、町長が行い、表彰状及び記念品を授与して行う。ただし、記念品を褒償金に代えることができる。

(表彰の時期)

第6条 表彰は、毎年12月1日現在により行う。

(表彰の効果)

第7条 職員の受けた表彰は、町の履歴事項とする。

(表彰の取止め)

第8条 表彰を受ける職員が表彰前10年の間に懲戒処分(減給以上)又は刑事事件等により起訴された場合は、表彰を行わないことができる。

(勤続年数の算定)

第9条 第3条第2号の勤続年数の算定は、次の各号により行う。

(1) 勤続年数は、職員として就職した日から起算する。

(2) 1月に満たない端数は1月とする。

(3) 再就職した職員の勤続年数は、再就職の日から起算する。

(町長への委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、第3条第2号中職務に精励し、勤続30年に達した者の表彰の期間計算は、平成18年3月1日をもって廃された日高町又は門別町に勤続した期間を通算する。

附 則(平成27年12月28日規則第26号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の日高町職員表彰規則の規定は、平成27年12月1日から適用する。

日高町職員表彰規則

平成18年3月1日 規則第31号

(平成27年12月28日施行)