○日高町交通安全指導員設置条例

平成18年3月1日

条例第29号

(目的)

第1条 この条例は、日高町における交通事故の防止と交通安全運動の実践活動を促進するため、交通安全指導員及び特別交通安全指導員(以下「指導員」という。)を設置することを目的とする。

(職務)

第2条 指導員の職務は、次のとおりとする。

(1) 主要な交差点その他交通頻繁な道路において、歩行者等の安全な通行を補導すること。

(2) 幼児、学童、老人に対して、安全な通行の保護誘導をすること。

(3) 一般歩行者に対して、正しい歩行を指導すること。

(4) 自転車の安全な通行を指導すること。

(5) その他交通安全運動に参加し、交通安全思想の普及に努めること。

(委嘱)

第3条 指導員は、交通法規をよく理解し、これをよく守り、他の模範となるものの中から、町長が委嘱する。

(身分)

第4条 指導員は、日高町の非常勤の職員とする。

(定数)

第5条 指導員の定数は、40人以内とする。

(任期)

第6条 指導員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

(報酬及び費用弁償)

第7条 指導員には、日高町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成18年条例第54号)に規定するところにより報酬及び費用弁償を支給する。

(指導器材等の貸与)

第8条 指導員には、職務を行うために必要な器材及び被服を貸与する。

(規則への委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成18年3月1日から施行する。

日高町交通安全指導員設置条例

平成18年3月1日 条例第29号

(平成18年3月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第9節 交通安全・生活安全
沿革情報
平成18年3月1日 条例第29号