ホーム町の概要 >位置、地勢、面積|

位置、地勢、面積

位置、地勢

 本町は、北海道日高管内の西部に位置し、日高町のある北東から門別町のある南西に流れる「沙流川」の源流から下流にかけて構成されています。北東部は北海道の屋根といわれる日高山脈がそびえ、周囲を大小の山岳が取り巻いています。南西部はなだらかな地形をなしており、沙流川、門別川、波恵川、慶能舞川、賀張川、厚別川が太平洋にそそいでいます。
 町の北側に位置する日高地域は、北海道の内陸気候圏に属しているため寒暖の差が大きく、冬期には1m前後の積雪が見られますが、南側に位置する門別地域は、太平洋に面した海洋性気候のため、積雪も少なく比較的温暖な気候にとなっており、海岸沿いには、なだらかな起伏が続く地勢を呈しています。
 町域は、間に平取町を挟んだ「飛び地」になっており、本庁と総合支所間の距離は約65kmで、車で約1時間の行程となります。

北海道図

面積

総面積 992.67km2 (門別地区 428.73km2   日高地区 563.94km2

日高管内図
Copyright(C)2006 hidaka town All right reserved